幸せな合格(中学受験)

幸せな合格研究所が幸せな合格を実現するためにお役に立つ情報をご提供します。たまには、脱線もありますが…。

問題の解き方を覚える勉強って…

こんにちは。
新鮮太郎です。



前回の記事に対する
私の答えですが、
それは、勉強の仕方です。

テキストで
できるようになるまで練習したのに
できなかったり、
応用問題になると
できないかったりするのは、
お子さんが覚える勉強をしていて、
本質に迫る理解をしていない
可能性が高いと考えています。



問題はどうしてそうなるのかです。



私は、塾の授業の進め方に
原因があるような気がしてなりません。

現在、ほとんどの塾では
復習中心の授業が行われています。

予習をする必要はないだけではなく、
予習が禁止されているのが通常です。

授業は、
まず、例題を示し、解き方を説明し、
続いて類題を解き、問題を演習する
という形で進むのが一般的です。

つまり、
「この問題はこう解く」というふうに、
解法を教える指導が行われ、
それを前提として
問題演習をしていくわけですね。

勿論、解法の説明をする段階では、
その理由も説明されてはいるはずですか、
お子さんの意識は
問題の解き方に向きがちです。

その結果、
お子さんは解法を覚えることに
躍起になります。

覚える勉強をすれば、
ちょっとしたことでミスが起こります。

また、聞かれ方が少し変わるだけで、
違った問題に見えますから、
応用問題に対応できなくなるのは当然です。



本質に迫る勉強をしてください。

本質に迫る理解を目指しましょう。

本質に迫る勉強が
できているかどうかの確認は、
繰り返し練習して
できるようになった塾の教材以外に
別の教材を用意し、
同じ単元の初見の入試問題を
解かせてみてください。

腑に落ちるまで理解できた
本質に迫る勉強ができていれば、
入試問題にもある程度対応できるはずです。



覚える勉強だけを続けていても
ある程度までは成績は伸びていきますが、
あるところで学力の伸びはストップします。

また、成績は安定しません。



腑に落ちる勉強を目指してください。

本質に迫る理解を求めてください。

その勉強スタイルが身につくまでには
時間はかかるかもしれません。

でも、一旦身についてしまえば、
あとは勉強すればするほど
学力は上がっていきます。

Excelsior!





最後まで読んでいただきましてありがとうございます。感謝いたします。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。受験相談も承りますので、お気軽にお問い合わせください。
きっとお役に立てると思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

どうしてこんなミスをするのか、どうして解けないのか、原因はわかっていますか?

こんにちは。
新鮮太郎です。



テキストで練習したはずの
基本的な問題なのに、

何回も繰り返して
できるようにしたはずの問題なのに、

テストで間違えた。

応用問題になると、
途端に手も足も出なくなる。



そんなお子さんいませんか?



どうしてそんなことがおこるんでしょう?

何が足りないんでしょう?



問題を間違えたときの解き直しでは、
何を間違えたかは確認しますが、

なぜ間違えたかまでは、
なかなか考えません。

それを見つけない限り、
状況は変わりません。



原因は1つではないかもしれません。

お子さんごとに違うかもしれません。



否、その可能性の方が高いでしょう。



お子さんが間違える原因を
見つけてあげてください。



それが分かったときが
変化の始まりです。




私が考える
最も可能性の高い原因は、
次回、お伝えいたします。

では、また。





最後まで読んでいただきましてありがとうございます。感謝いたします。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。受験相談も承りますので、お気軽にお問い合わせください。
きっとお役に立てると思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

諦めない!絶対にあきらめない!!

こんにちは。
新鮮太郎です。



テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」、
火曜日のコーナーは「聞きトリ」です。

今朝は、ホンダジェットを開発した
ホンダエアクラフトカンパニー社長の藤野道格さん。

kikitori42.jpg
kikitori52.jpg
(写真は、2枚とも、テレビ朝日の公式サイトからお借りしました。)

「できない」じゃなくて、
「どうやったらできるか」を、
いつも考えていたそうです。

いつもの
「人生において成功するために必要なことは?」
の質問に対しては、
「諦めないこと」
と答えていらっしゃいます。

そして、
何の仕事でも、何をしていても、
思い通りになることはないけれども、
それでも全力でやっていると、
自分が思っていなかったような人と出会えたり、
ヒントに気が付いたりする、
ということを話しておられました。



受験勉強でも同じですよね。

応用問題など、少し難しい問題に出会うと、
すぐに「分からない」「無理」「教えて」
というお子さんがいます。

私も未熟ですから偉そうなことは言えませんが、
お子さんは、大人以上に未熟ですから、
依頼心が強いのは、
ある程度は仕方ない部分もあります。

でも、だからと言って、
すぐに助けの手を差し伸べてばかりでは、
お子さんは成長できません。

受験勉強は、
ただ合格だけを目的とするべきではありません。


受験勉強を通して、
頭の使い方を学んだり、
素晴らしい文章や考え方に出会ったり、
新しい知識を得て、知的好奇心を高めたりと、
人間的な成長もさせてあげたいものです。

どんどん教え込んだからといって
成績が上がるとは限りません。

私には、
人間的な成長と学力の向上の間には
相関関係があるような気がしてならないのです。





最後まで読んでいただきましてありがとうございます。感謝いたします。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。受験相談も承りますので、お気軽にお問い合わせください。
きっとお役に立てると思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

疑問があっても放置するお子さんをどうしますか?

こんにちは。
新鮮太郎です。



以前、
お子さんの多くが
疑問点があっても放置する
という記事を書きました。

どうして、
そんなことがおこるんでしょう?

親御さんは、きっと、
「どうして質問しないの?
 分からなかったら
 聞くのが当たり前でしょ?」
っていう疑問を
持つのではないでしょうか?



でも、多くのお子さんは、
分からないことを
知りたいとは思わないようです。

思わないから質問しません。



じゃあ、どうして
分からなくても知りたいとは
思わないのでしょう?

それは、興味がないからです。

もう一つは、
意外と言われないことですが、
お子さんが
自分でお金を出していないからです。



憧れの中学があるのに
興味がないというのは
変だと思われるかもしれませんが、
お子さんの中では、
憧れの中学に合格するということと、
算数ができるようになることとは、
強く結びついてはいないようです。

だから、
成績を上げないと
憧れの中学に合格できないと
分かってはいても、
算数の成績を上げるために
疑問を解消していこう
という気にはならないのです。

要は、幼いわけですね。

そんなお子さんには、
一度、紙にフローチャートでも描いて、
今、疑問を放置するような
勉強の仕方をしていると
志望校合格にはたどり着けない、
志望校合格にたどり着くためには
どうしたらいいのかを
説明してみると良いでしょう。

まあ、
お子さんはすぐ忘れてしまいますから、
折を見て、
確認の声掛けは続けなければならない
とは思いますがね。

とりあえず、
一度はきちんと説明をしてあげる
必要があるでしょう。



成績が上がらなくても、
自分の腹が痛まないから、
真剣に勉強しないというのは、
なかなか難しい問題ですね。

中学受験が
社会人の資格試験と
一番違うのはこの点です。

中学受験に参加している
ご家庭の多くが経済的に豊かで、
お子さんには
お金の話はするべきではない
という考えの
ご家庭もあるかもしれません。

でも、お子さんに
本気で勉強させようと思ったら、
親は子どものためであっても
無駄なお金を使う気がないことを、
お子さんに伝える方が良いでしょう。

いい加減な勉強をしていても
一番を取ってこられるのなら
何も言わないけれども、
いい加減な勉強を続けていて
成果を上げられないのなら、
今すぐにでも塾も中学受験も
やめさせるということを
宣言したほうが良いでしょう。



お子さんのやる気スイッチを
探したって見つかりませんし、
お子さんが
やる気になるのを待っていたって、
いつまでたっても
何も変わらない可能性もあります。

とにかくお子さんを
真剣にさせる工夫をしてください。



疑問の解消の仕方、
質問の仕方については、
また、別の機会に。

では…。





長文を最後まで読んでいただきましてありがとうございます。感謝いたします。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。受験相談も承りますので、お気軽にお問い合わせください。
きっとお役に立てると思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

読解力と計算力

こんにちは。
新鮮太郎です。



算数の得点力を高めるためには、
問題文の読解力と計算力が不可欠です。

いくら計算ができても、
問題文の意味が分からないのでは、
問題は解けません。

逆に、
いくら問題文の意味が分かっても、
正確な計算ができなければ、
問題は解けません。

問題文の読解力と計算力は
車の両輪です。



読解力とは、
問題文を読み替える力と
言っても良いのかもしれません。

例えば、和差算で、

「AがBより6だけ大きく、
AとBの和が42のとき、
AとBではそれぞれいくつか?」

と聞かれれば答えられる
お子さんでも、

「連続した3つの整数の和が48のとき、
最小の整数はいくつか?」

と聞かれると、
和差算であることにすら気付かず、
答えられないということがあります。

連続した整数が1ずつ違うことに
気付かないわけです。

また、

「連続した3つの
4の倍数の和が96のとき、
最小の数はいくつ?」

なんて聞かれると、
連続した4の倍数の意味が分からず、
「4の倍数って連続するの?」
ってなってしまいます。

出題者は聞きたいことを直接聞かず、
聞き方を変えて聞いてくることが
多くあります。

お子さんが、「分からない」と言ったら、
解き方を教える前に、
まず、問題文を一つずつ区切って、
「この文から分かることは何?」
って聞いてあげてください。

出題者の聞きたいことさえ分かれば
問題が解けるというお子さんは沢山います。



計算力に関しては、
できれば新4年生が始まるまでに、
遅くとも、4年生の夏までには、
小数、分数を含めた四則計算は
できるようにしておきたいものです。

どうしてそんな計算をするのかを
一通り説明して、一度納得できたら、
計算方法だけ記憶して、
理論的なことは
忘れてしまっても構いません。

計算スピードを上げる練習は
必要はありません。

ただ、
正確に計算できるようにはしてください。

スピードは問題演習をしていく中で、
自然に上がってくるはずですし、
そのくらいの練習は必要です。



読解力と計算力がそろえば、
あとは単元学習を進めるにつれて
算数の力はどんどん伸びていきます。





最後まで読んでいただきましてありがとうございます。感謝いたします。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。受験相談も承りますので、お気軽にお問い合わせください。
きっとお役に立てると思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

新鮮太郎

Author:新鮮太郎
プロフェッショナル家庭教師にして中学受験進学塾講師

指導歴 30年以上

指導教科 中学受験算数

家庭教師
生徒さん募集中です。
知識、思考方法、勉強の仕方など、単純に点数を取るだけでなく、生きる力につながる指導をいたします。
短期、長期いずれの指導依頼もお受けいたします。
一緒に志望校合格を勝ち取りましょう。
リンク先にある「筑駒、開成、麻布、桜蔭など超難関中学合格講座|幸せな合格研究所」をご覧になり、お問い合わせください。
お問い合わせは、下記のメールフォーム、あるいは、私のメールアドレスのいずれにいただいても結構です。

よろしくお願い申し上げます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (475)
家庭教師をお探しの方へ (18)
はじめに (1)
お悩み相談クリニック (4)
幸せな合格とは (8)
学習方法 (320)
授業 (71)
過去問 (12)
入試問題 (4)
学習のポイント (62)
精神・行動 (178)
入試本番 (11)
指導例 (10)
塾と家庭教師 (6)
お礼 (6)
教材 (9)
健康 (11)
ちょっとブレイク (16)
本の紹介 (28)
問題 (2)
指導法 (15)
塾選び (1)
コミュニケーション (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
353位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
79位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
中学校受験 ブログランキングへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん