幸せな合格(中学受験)

幸せな合格研究所が幸せな合格を実現するためにお役に立つ情報をご提供します。たまには、脱線もありますが…。

周辺知識(雑学)も大事!

はい、新鮮太郎です。



6年生と等差数列の和の
勉強をしていた時のことです。

6年生ですから、
等差数列の和=(初項+末項)×項数÷2
という公式は、知っています。

「この公式はガウスの理論で、大丈夫だね?」
と言うと、何か不安そうな様子です。

「ガウスの理論って知らない?」

「うん」

「ガウスって知らない?」

「うん」

「塾で説明してもらっていない?」

「うん」

「え~っ!(驚)」



等差数列の公式は覚えている、
そして、それは使える状態になっている。

それはそれでいいのかもしれません。

確かに周辺知識はなくても
問題は解けるかもしれません。

でも、それで十分なんでしょうか?



私は勉強に向かう姿勢として
疑問を感じます。

一事が万事です。

歴史漫画を好んで読むお子さんは、
概して歴史が得意です。

周辺知識を知ること、
大きな流れを知ること、
知識をイメージとともに獲得していること、
などなど、色々な理由が考えられますが、
得意である事実は間違いありません。



要は関心、興味だと思うのです。

お子さんには
無味乾燥な知識を与えるのではなく、
興味を持たせる知識の与え方をするのが
大切です。

自ら興味をもって獲得した知識は
定着率が高まるだけでなく、
広がる可能性も秘めています。

勉強は中学受験で終わりではありません。

むしろ、その先の方が長いと言えます。

できるだけ早い時期に
正しい勉強の仕方を
身につけさせてあげたいものです。





最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

感謝いたします。

いつか、お会いできる日を楽しみにしています。

あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。



家庭教師の生徒さんを募集中です。

中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。

受験相談も承りますので、お気軽にお問い合わせください。

きっとお役に立てると思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

おめでとうございます!羽生選手!すごいぞ!チーム・ブライアン!

はい、新鮮太郎です。



世間は、羽生選手の金メダルと五輪連覇、
日本勢、羽生・宇野選手の1・2フィニッシュに湧いています。

AS20180217002956_commL.jpg
(写真は朝日新聞デジタルからお借りしました。感謝。)



羽生選手の演技もコメントも素晴らしいものでした。

演技はミスもありましたが最高でした。

コメントは感謝の言葉がいっぱいの素晴らしいものでした。

そして、ここに来るまでの彼の努力は、
想像以上に大変なもののはずで、
尊敬に値します。

目標を達成するためにする努力、感謝の気持ちは
受験勉強でも見習いたいものです。



羽生選手の同僚の
フェルナンデス選手も素晴らしかったですね。

羽生選手同様、他の選手より基礎点を抑えた演技を
高い完成度で行うことで高得点をたたき出しました。

試合後、いつも通り羽生選手を祝福する様子は、
彼の性格の良さを表していました。

基本を完璧にすること、
他人の成功を素直に褒めたたえることができる気持ちは
成功を引き寄せます。



そして、私がもう1人素晴らしいと思ったのは、
ブライアン・オーサーコーチです。

チーム・ブライアンは、
キム・ヨナ~羽生~羽生と
3大会連続で金メダルを獲得しています。

チーム・ブライアンのコーチングは、
素晴らしいもので、
受験指導でも参考になります。

ブライアン・オーサーの2冊の本は、
受験生を持つすべての親御さんに読んでいただきたいものです。

お勧めですよ。

 

目指せ!絶対王者!



最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

感謝いたします。
いつか、お会いできる日を楽しみにしています。

あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。





家庭教師の生徒さんを募集中です。

中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。

受験相談も承りますので、お気軽にお問い合わせください。

きっとお役に立てると思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

問題は解ければいいってもんじゃないよ!

はい、新鮮太郎です。



塾から帰ったら復習をしていますか?

5年生、6年生は帰宅が遅いので、
当日に復習するのはなかなか難しいかもしれません。

でも、テキストとノートを
ざっと見直すくらいはしてください。

算数は、翌日にもう一度、
しっかり復習(解き直し)してください。



大事なのは、やり方。

どうしても、解けるかどうか、
○か×かに目が行きがちですが、
出題意図まで分かっているかどうかまで
確認しましょう。

正解に至るルートはいくつもありますが、
出題意図が把握できていれば、
簡単に正解に辿り着くことができます。

勿論、例外もありますが、
そんな問題は、
「出題意図はこれのはずだけど、
こうした方が簡単に解ける」
という確認をしてください。



冬季オリンピック酣です。

アスリートの皆さんも
ただ我武者羅に滑る、飛ぶという
練習を繰り返すのではなく、
科学的な理論に基づいて
色々試行錯誤しながら練習しているようです。

受験勉強も同じです。

成果を上げるためには、
「ただ、がんばる」だけじゃ
十分とは言えません。




最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

感謝いたします。

いつか、お会いできる日を楽しみにしています。

あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。



家庭教師の生徒さんを募集中です。

中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。

受験相談も承りますので、お気軽にお問い合わせください。

きっとお役に立てると思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

効率主義は効率的ではない!

はい、新鮮太郎です。



年度初めです。

新しい生徒さんとの出会いがあります。

必ず合格させるべく気持ちを新たに臨んでいます。



合格するためには合格ラインに達することが必要です。

1点でも足りなければ合格はできません。

結果、点数を取ることばかりに意識が向きがちになります。



点数を取ることばかりに意識が向くと、
勉強は効率性を追求することになります。

確かに効率性を上げることは、
やったらやっただけの成果を出すことですから、
モチベーションを上げる効果が期待できます。

モチベーションが上がれば勉強が進みますから、
それは否定はしません。



でも、効率性、モチベーションばかりを求めると、
つい、点数の取りやすい理科、社会に比重を置き過ぎたり、
算数でも、公式や解法を覚える勉強になりがちです。

公式や解法の記憶は勿論必要です。

しかし、理解を伴わない記憶(暗記)は、
非常に不安定です。

少し捻られると対応できなくなります。

記憶に伴う理解ということもありますから、
どうしても理解できないことは、
とりあえず覚えておくという方法もあるでしょう。

でも、そればかりになってはいけません。



絶対に忘れてはならないのは理解です。

腑に落ちるまで理解できたかを意識しましょう。

どうすれば腑に落ちる状態にすることができるのかは
言葉で伝えるのは難しく、
体験しないとわかりませんが、
腑に落ちていれば、イメージができたり、
論理を積み重ねて他人に説明したりすることまで
できるはずです。

腑に落ちるまで理解できていれば、
公式、解法なども自然に記憶できます。



理解中心の勉強することができるようになれば、
どの教科も加速度的に点数がとれるようになりますが、
問題は、理解中心の正しい勉強方法を体得するためには、
それなりの時間が必要であるだけでなく、
必要な時間については個人差があり、
一概に言えないということです。

結果を焦らず顔晴ること、
そのために、できるだけ早く正しい勉強法の追求を始めることが、
大切です。

効率主義に走ることは効率的ではありません。

本当に効率的な勉強は、
じっくりを時間をかけて王道を進む勉強です。







最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

感謝いたします。

いつか、お会いできる日を楽しみにしています。

あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。



家庭教師の生徒さんを募集中です。

中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。

受験相談も承りますので、お気軽にお問い合わせください。

きっとお役に立てると思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

これだけは!(来年度以降の受験生に向けて)

はい、新鮮太郎です。



入試も終わり、
新年度が本格的にスタートしましたね。

受験を終えたお子さんやご家族は、
もう次に目が行っていますから、
今回の中学受験を振り返るということは
多くはないでしょう。

尤も、下にもお子さんがいて、
受験を控えているご家庭の中には、
今回の経験を活かすべく、
振り返りをするというご家庭もあるでしょう。

私のように
受験指導を生業としていると、
受験が終わると毎年振り返りが待っています。



指導の仕方は間違っていなかったか?

間違っていなかったとしても、
もっと良い方法があったのではなかったか?

指導時間は適当だったか?

指導している教科以外の教科も、
もっとサポートできたのではないか?

等々です。



来年以降に受験するお子さんの参考にもなると思いますから、
考えたことをいくつか書き残しておくことにしますね。



睡眠時間は削らないこと!

これは譲れません。

眠気でぼんやりした頭では勉強ははかどりません。

睡眠時間はしっかり確保してください。

ただ、そうは言っても、程度の問題はあります。

最近、また新しい見解も登場しているようですから、
医学的にはどうか分かりませんが、
6年生であれば、7~7.5時間くらいでしょうか。

睡眠時間を7時間にすれば、
夜も11時くらいまでは顔晴れるはずですから、
それなりの勉強時間は確保できるはずです。



6年生になったら、
習い事は一旦お休みして、
受験勉強に集中すること!

最難関校に合格したお子さんで、
受験勉強中も習い事を続けていたお子さんを、
私は1人しか知りません。

勉強は「量より質」とはよく言われることですが、
私は疑問を持っています。

勿論、質の高い勉強をすべきなのは言うまでもありませんが、
一部(本当に一部です)の天才を除いて、
できるだけ多くの勉強量の確保は必要です。

基本的知識がしっかり理解できたなら、
あとは勉強量が増えれば増えるほど成績は伸びていきます。

塾の授業がない日は、4時から11時までの7時間のうち、
5時間は勉強に当てることができるはずです。

最初は辛いかもしれませんが、勉強も習慣ですから、
しばらくしたら慣れます。

テレビやゲームなども、視なかったり、やらなかったりすれば、
2~3週間で興味がなくなります。

勉強が苦にならなくなったり、
勉強をしていないと気持ちが悪い
という状態になればしめたものです。

「量より質」ではなく、「量も質も」です。



絶対に人に負けないという教科を
1つでもいいから作ること!

もし、他の教科が全部失敗しても、
その1教科で全部を取り返せるくらい
アドバンテージが取れる教科を作りましょう。

但し、得意教科の合格者平均が
滅茶苦茶高くなるケースもありますから、
他の教科も合格者平均位はとれるような準備は必要ですね。



腑に落ちる勉強をすること!

前の項目とも関係しますが、
すべての勉強は「わかること」が必要です。

覚える勉強をしていては、なかなか学力は伸びません。

算数は当たり前ですが、
他の教科についても、必ず論理的な学習を心掛けてください。

逆説的ですが、
覚えようとするから、覚えられません。

腑に落ちれば、自然と記憶できるはずです。

一度、腑に落ちていれば、
忘れても、もう一度勉強すればすぐに思い出せます。



次のレースは既に始まっています。

但し、敵は自分の中にいます。

怠けたい気持ち、さぼりたい気持ち、弱気に打ち勝つことができれば、
中学受験に成功できるだけでなく、
あなたの人生を一歩先に進められます。



さあ、やるぞ!





最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
感謝いたします。
いつか、お会いできる日を楽しみにしています。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。





家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。受験相談も承りますので、お気軽にお問い合わせください。
きっとお役に立てると思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

新鮮太郎

Author:新鮮太郎
プロフェッショナル家庭教師にして中学受験進学塾講師

指導歴 30年以上

指導教科 中学受験算数

家庭教師
生徒さん募集中です。
知識、思考方法、勉強の仕方など、単純に点数を取るだけでなく、生きる力につながる指導をいたします。
短期、長期いずれの指導依頼もお受けいたします。
一緒に志望校合格を勝ち取りましょう。
リンク先にある「筑駒、開成、麻布、桜蔭など超難関中学合格講座|幸せな合格研究所」をご覧になり、お問い合わせください。
お問い合わせは、下記のメールフォーム、あるいは、私のメールアドレスのいずれにいただいても結構です。

よろしくお願い申し上げます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (527)
家庭教師をお探しの方へ (18)
はじめに (1)
お悩み相談クリニック (4)
幸せな合格とは (8)
学習方法 (320)
授業 (71)
過去問 (12)
入試問題 (4)
学習のポイント (62)
精神・行動 (178)
入試本番 (11)
指導例 (10)
塾と家庭教師 (6)
お礼 (6)
教材 (9)
健康 (11)
ちょっとブレイク (16)
本の紹介 (28)
問題 (2)
指導法 (15)
塾選び (1)
コミュニケーション (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
541位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
117位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
中学校受験 ブログランキングへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん