中学受験・幸せな合格|幸せな合格研究所

幸せな合格研究所が幸せな合格を実現するためにお役に立つ情報をご提供します。たまには、脱線もありますが…。

お母さん、心穏やかですか?イライラしてませんか?

こんにちは。
新鮮太郎です。



心穏やかにお過ごしですか?



えっ?
いくら言っても
子どもが勉強しないから
イライラしっぱなしですって?

じゃあ、「勉強しろ」って
言うのを止めたらどうですか?

えっ?
言わなきゃ言わないで、
もっとやらないから、
その姿を見て
イライラするですって?



そうですよね。

お子さんは、
言うこととやることが一致しないので、
見ているとイライラしますよね。



どうしてでしょう?



今朝のNHK朝ドラ「半分、青い。」
律(佐藤健さん)と
鈴愛(永野芽郁さん)の会話です。



律  清(古畑星夏さん)に
   『律は私のものだ、返せ!』
   って言ったの?

鈴愛 言った。

律  それアウトでしょ。

鈴愛 律は清さんのものか?

律  誰のものでもないよ。
   俺は俺だよ。
   清のものでも、
   鈴愛のものでも、
   言ってしまえば、
   俺を産んだ和子さん(原田知世さん)
   のものでもない。

鈴愛 ここで和子おばちゃん出てくるか?

律  厳密にはね。
   でも、鈴愛が『律は私のものだ』って
   清に言ったら、もう駄目だよ。



和子さんが聞いたら
泣いてしまうかもしれないような言葉です。

でも、お子さんは、
お母さんとは別の人格です。

お母さんがイライラするのは、
お母さんがお子さんを自分のもの、
あるいは自分の一部と
思っているからかもしれません。

頭では別の人格とわかってはいても、
感情的にはそうではない可能性もあります。



確かにお母さんとお子さんは
魂ではつながっています。

また、お子さんは、
お母さんの身体から出てきています。

でも、お子さんは、
お母さんの身体を通って出てきただけで、
お母さんが創造したわけではありません。

お子さんは神様からの預かりものです。



残念ながら、
お子さんはお母さんの思い通りには
動きません。

勉強するかどうかも
お子さん自身が決めることです。



ただ、やるべきことを
やらなければ合格はできません。

お子さんが「受験する」と言いながら
勉強しないのであれば、
このままだと合格はできない
ということを、
冷静に、お子さんに伝えてください。



冷静に伝えられないのであれば、
第三者に頼むのも良いでしょう。

お子さんが信頼している
塾の先生や家庭教師がいれば、
頼んでみましょう。



お子さんがイライラしているときは勿論、
家族がイライラしていても
お子さんの受験勉強は上手くいきません。

さあ、心穏やかにして、
みんなで目標に向けて
顔晴りましょう!




最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
感謝いたします。
いつか、お会いできる日を楽しみにしています。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。



家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。
受験相談も承りますので、お気軽にお問い合わせください。
きっとお役に立てると思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

いつになったら自立できるんだろ…(自立させたい…)

こんにちは。
新鮮太郎です。



学年が上がると、
勉強の内容が難しくなってきますから、
親御さんもお子さんの勉強を
みるのが負担になってきます。

反抗期になって、
お子さんが親御さんの言うことを
聞かなくなったりすれば
尚更です。

塾の先生も
「勉強のことは塾にお任せください」
みたいなことを言ってくれます。



でも、そこで手を放してしまったら、
それでお終いです。



そもそも、小学生で
自立できるお子さんは極僅かです。
というか、ほとんどいません。

お子さんは外では良い顔をしますから、
先生が言うことには、
素直に「はい」と言いますが、
家では、行動が伴いません。



自立はあるとき突然訪れるものではなく、
段々と出来上がっていくものです。

中学受験は親子の受験です。

親御さんもどんなに大変でも、
最後までお子さんから
手を放さないでください。



お子さんに指示したいときも、
命令するのではなく、
お子さんに提案する形にして、
お子さん自身に選ばせるように
持っていきましょう。

やらされ感満載では、
大人でも嫌になってしまいます。



お子さんも親御さんとは別人格です。

親御さんの思い通りに行かなくて当たり前です。

お子さんをうまく誘導できなくても、
気にしないようにしましょう。

特にお母さんは、
お子さんを上手く誘導できないときに、
自分の責任と感じがちですが、
決してそんなことはありません。
大丈夫です。安心してください。

バトルが起きる前に
距離をとりましょう。

お子さんも、自分も
追い込まないこと!

緩くいくことが大切です。




最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
感謝いたします。
いつか、お会いできる日を楽しみにしています。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。



家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。
受験相談も承りますので、お気軽にお問い合わせください。
きっとお役に立てると思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

知識を増やすために

こんにちは。
新鮮太郎です。



勉強することは、
ざるで水とは言いませんが、
砂をすくうようなものです。

ざるの目から
砂がこぼれ落ちるより速く
砂をすくい続ければよいのです。



ただ、少しでも効率的に
砂をすくい続けるためには、
ざるの目を細かくすればよいのです。

それが、
原理原則や
理論的根拠の理解
です。



でも、いくらざるの目を細かくしても
こぼれ落ちる砂はなくなりません。

折角覚えたことも忘れます。

忘れたからって、
あなたがバカなわけではありません。

忘れるのが普通です。

がっかりしたりせずに
勉強し続けることが大切です。




最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
感謝いたします。
いつか、お会いできる日を楽しみにしています。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。



家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。
受験相談も承りますので、お気軽にお問い合わせください。
きっとお役に立てると思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

父母の祈り(マリオン・B・ダーフィー)

はい、こんにちは。
新鮮太郎です。



みなちゃんさんのブログ
初めてこの詩を知りました。

このマリオン・B・ダーフィー
(児童相談所勤務の精神科医)
の詩が余りにも素晴らしかったので、
原文(英語)と日本語訳を
転載させていただきます。




「A Parent's Prayer」

Help me to the stature of good parenthood. I pray I may let my child live his own life and not the one I wish I had lived. Therefore, guard me against burdening him with doing what I failed to do, and when tempted to seek this balm for old wounds, strengthen me against my self justification.

Help me to see today’s missteps in perspective against the long road he must go, and grant me the grace of patience with his slow pace, lest in my impatience I force him into rebellion, retreat and anxiety.

Give me the wisdom to know when to smile at the small mischief’s of his age, and when to give him the haven of firmness against the impulses which in his heart he fears he cannot master.

In time of needed punishment, give me a warm heart and a gentle voice so he may feel the rule of order is his friend and clasp it to his soul to be his conscience.

Help me to hear the anguish in his heart through the din of angry words or across the gulf of brooding silence and having heard, give me the grace to bridge the gap between us with understanding warmth before speaking my own quick retorts, and stay my tongue also from the words which would chill his confiding in me.

Still my voice and smooth from my brow all that mars infectious serenity and joy in living; rather let my face so shine that these later years will seem to him a promised land toward which to strive.

I pray that I may raise my voice more in joy at what he is than in vexation at what he has done, so each day he may grow in sureness of himself.

Help me to hold him with such warmth as will give him friendliness toward his fellow man; then give me the fortitude to free him to go strongly on his way.

Then as I see him striding forward, eagerly, self-sure, friendly and in good conscience, my grateful heart will swell with joy.



「父母の祈り」

神よ、わが子が自分の望む道を歩めるように、
わたしが歩みたいと望んだ道を子供に強いることがないように、
神よ、力を与えたまえ。

わたしにできなかったことを子どもに強いて、
苦しめないように、
神よ、わたしを守りたまえ。

わが子が歩みゆく、
遙か彼方を見すえて、
今のわが子の過ちを見守らせたまえ。

ゆっくりと成長するわが子の姿を、
やさしい心で見つめることができますように。

些細ないたずらに微笑みかける時と、
悪しき行いを毅然とたしなめるべき時、
その二つの時を見分ける英知を与えたまえ。

わが子の怒り狂うことばや、
おし黙る孤独な姿に、
悩み苦しむ子供の心の叫びを、
聴きとることができますように。

そして、深き淵を越え、子供に歩みより、
理解しあうことができますように、
神よ、力を与えたまえ。

できないことに目をとめて、
いらだち、怒りの声をあげるのではなく、
わが子が上手にできることに目を向けて、
喜びのことばで誉めたたえることができますように。
それによって、わが子が自らを信じ、
日々成長していくことができますように。
わたしが、心からわが子を大切にすることによって、
子供も、心から人を大切にすることができますように。

わが子が力強く自分の道を歩めるように、
わたしは子供を送り出したい。
どうか神よ、
わたしにその勇気をあたえたまえ。




もっと早くこの詩に出会っていたら…
という気持ちでいっぱいです。

この一瞬は今世では一度しかありません。

後悔を避けることは
多分できません。

でも、少しでも後悔が減るように、
感情に任せた言動がないようにと祈り、
日々努力を重ねるばかりです。



受験勉強でもお子さんには、
できれば指示ではなく、
選択の機会を与えたいものです。

指示するときも、
「今これをすれば、こうなるはずだから
 私はこうした方が良いと思う」
ときちんと理由をつけて説明した方が、
お子さんもやらされ感がなくて、
素直にそれに取り組めるのかもしれません。



それでは、また…。




最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
感謝いたします。
いつか、お会いできる日を楽しみにしています。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。



家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。
受験相談も承りますので、お気軽にお問い合わせください。
きっとお役に立てると思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

考えるって…

はい、こんにちは。
新鮮太郎です。



自分の頭で考えることの重要性は
よく言われることです。



でも、考えるってどうすることですか?

それが分からなければ、
お子さんに考えるように言っても、
お子さんはどうしていいのかわからないはずです。

そこで、お子さんに考えるように言うときは、
具体的にどうしたらよいのかを
示してあげる必要があります。



思うに「考える」とは、
「イメージする」ことです。

算数が苦手だとか、難しいと言うお子さんは、
抽象的なものを抽象的なまま理解しようとしている
可能性があります。

「わからない」と言うお子さんに、
ヒントとして図を描いてあげると、
「あっ、そうか!」となることがあります。

また、イメージできなければ、
図を描くことも困難なはずです。

算数が苦手なお子さんには、
絵を描いたり、物を使ったりしながら
説明してみてください。

意外とあっさり理解できるかもしれません。



ただ、自分で考えられるようになるためには、
無意識のうちの
イメージができるようにならなければなりません。

成長して、様々な体験を重ねると、
イメージはしやすくなるでしょうが、
トレーニングを重ねることでも、
イメージはしやすくなるはずです。

時間がかかりますから、
できるだけ早い時期から始めること、
焦らずじっくりやっていくことが大切です。




最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
感謝いたします。
いつか、お会いできる日を楽しみにしています。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。



家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。
受験相談も承りますので、お気軽にお問い合わせください。
きっとお役に立てると思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

新鮮太郎

Author:新鮮太郎
プロフェッショナル家庭教師にして中学受験進学塾講師

指導歴 30年以上

指導教科 中学受験算数

家庭教師
生徒さん募集中です。
知識、思考方法、勉強の仕方など、単純に点数を取るだけでなく、生きる力につながる指導をいたします。
短期、長期いずれの指導依頼もお受けいたします。
一緒に志望校合格を勝ち取りましょう。
リンク先にある「筑駒、開成、麻布、桜蔭など超難関中学合格講座|幸せな合格研究所」をご覧になり、お問い合わせください。
お問い合わせは、下記のメールフォーム、あるいは、私のメールアドレスのいずれにいただいても結構です。

よろしくお願い申し上げます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (565)
家庭教師をお探しの方へ (18)
はじめに (1)
お悩み相談クリニック (4)
幸せな合格とは (8)
学習方法 (322)
授業 (71)
過去問 (12)
入試問題 (4)
学習のポイント (62)
精神・行動 (178)
入試本番 (11)
指導例 (10)
塾と家庭教師 (6)
お礼 (6)
教材 (9)
健康 (11)
ちょっとブレイク (16)
本の紹介 (31)
問題 (2)
指導法 (15)
塾選び (1)
コミュニケーション (1)
サポート (8)
勉強方法 (5)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
731位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
124位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
中学校受験 ブログランキングへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん