家庭教師について考える

この時期になると必ず駆け込みの家庭教師の依頼が増えます。
そして、そのほとんどが、
「このままでは合格できそうもないから何とかしてくれ」というものです。
家庭教師センターでは、
「残り3か月(2か月)でお子さんを合格に導きます」
みたいな宣伝を打っていますから期待されるのも当然です。

必ず聞かれるのは「間に合いますか」ということですが、
正直な話をすると「分かりません」ということになります。

「このままでは合格できそうもない」と考える理由は何ですか?
塾のテストの志望校の合格可能性が低いからですか?
過去問が解けないからですか?
正解にまではたどりつけても、答案が作れないからですか?
初見の問題に対応できないからですか?

答案が作れないという理由ならば、まだ何とかなる可能性はありますが、
それ以外の理由の場合は、なかなか難しいかもしれません。

入試問題には学校毎にそれぞれ特徴がありますから、
自分の志望校の問題が解けるようになれば合格の可能性はあるという考えもあります。
でも、解き方を覚えてしまっているから解けるということもあり、
それでは合格の可能性は大きくはありません。
経験上、例えば、開成に合格できるお子さんは、
開成の問題だけでなく、麻布や桜蔭など他の学校の問題も解けますが、
開成の問題は解けるけれども、それ以外の学校の問題は解けないというお子さんは、
開成も合格できない危険性が大きいと言えます。
その意味で、過去問は(初回でも)できるけれども、
塾のテストはパッとしないというお子さんは非常に危険です。
(部分点のことなどを考えると「受からない」とは言えませんが…。)

結局、それなりの成績が出ていないお子さんは、
基礎力に問題がある場合が多い
と言えます。
そして、今から2か月で基礎力を上げて、
合格ラインまで引き上げるというのは、非常に困難だということです。

「もう少し早く先生にお願いできていれば良かった」というのは、
第1志望が残念な結果で、第2志望に合格できたお子さんの保護者の方からよく言われることです。
勿論、指導期間は長ければ長いほど良いということではありませんが、
ある程度の期間は必要です(その期間はお子さんごとに異なります)。
6年生になるころには、多くのお子さんに色々な癖がついていて、
それが正当な努力から外れていることが多く、
それを矯正するのに時間がかかるからです。

1点、問題として残るのが、家庭教師は費用が高いという思い込みです。
高いか安いかは主観がかなり影響しますから一概には言えませんが、
それに見合う価値があるかどうかが重要だと思います。
確かにプロの家庭教師は、塾の費用に比べれば、決して安いものではないかもしれません。
しかし、目的を決めて依頼すれば、それほどでもありません。
例えば、5年生の重要単元を勉強するときに家庭教師をつけることにより、
勉強の仕方を身につけるという方法もあるはずです。
目的を達したら一旦家庭教師の指導を止めればよく、
6年生の過去問を勉強するころに再び家庭教師が必要となれば、
そのときにまた、家庭教師を依頼すればよいのです。

もし、家庭教師を依頼しないままで、第1志望校に合格できれば何も問題はありません。
でも、もし失敗すれば、もう少しできたことがあったのではないかと思うのではないでしょうか。

私は、ご縁があったご家庭とは良い関係が築けると良いと考えながらお仕事をさせていただいていますが、
ご家庭の側からすれば、塾も家庭教師も受験勉強のための手段にしかすぎないかもしれません。
上手に使ってみんなが幸せになれる良い結果を残していただければよいと思います。


勉強に役立つ音楽ではありませんが、元気が出る音楽です。
(別にJTの回し者ではありません。)




■いつも応援していただき、ありがとうございます。感謝しています。
■皆様が疑問に思っていらっしゃること、記事をご覧になって感じたことなどございましたら、
 お気軽にご意見いただければ幸いです。 コメント、メールフォームをご利用ください。
 よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

家庭教師の生徒さんを募集します。

5年生(新6年生)の生徒さんの募集をいたします。

5年生は中学受験で一番大切な時期と言われています。
中学受験でよく出題される問題について新しく学ぶ時期であるにもかかわらず、
その内容が難しく、お子さんだけではなかなか理解できなかったり、
保護者の方も教え方や教えるポイントが分からないということがあるからです。
特に、5年生の後期は、重要単元が目白押しで、
塾の授業についていけなくなるお子さんが増える時期です。


勉強で大事なことは早め早めに手を打つことです。
問題が起こったら早めに手を打つことが大切ですが、
それよりも、問題が起こる前に手を打つことの方がもっと大切です。
つまり、分からなくなってから手を打つよりも、
分からなくなる前に手を打つことが大切です。


現在では、どの塾でもスパイラル方式の授業が行われています。
4年、5年、6年と同じことを、バージョンアップしながら学んでいきます。
塾では、「また、後で同じことを勉強しますから、今は全部わからなくても大丈夫」
というようなことを言われることがありますが、
後で同じことを勉強するときは、内容がバージョンアップしていますから、
前に勉強したことの積み残しがあるお子さんは、
次に勉強した時には、その全部の内容を身につけることができないのが通常です。
その時、その時に勉強していることを、きちんと身につけていくことが大切です。

6年生になったら家庭教師を考えようという御家庭も多いかと思います。
勿論、早い時期から家庭教師をつけたからといって
確実に現在の第一志望校に合格できるという保証はありません。
でも、早い段階からきちんと勉強していけば、成功できる可能性は大きくなります。

私と一緒に顔晴ってみませんか?

なお、SAPIXにお通いのお子さんにつきましては、進度が他塾に比べて速いので、
4年生(新5年生)のお子さんの生徒さんも募集いたします。
よろしくお願いいたします。



いつも応援していただき、ありがとうございます。感謝しています。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

どういうつもりで家庭教師を依頼していますか?

この時期の家庭教師の依頼は、
志望校と偏差値が20ポイントくらい離れているというケースが多々あります。

先日、センターから回ってきたお仕事の依頼は、
小学校3年生から大手塾に通っており、現在6年生、
4教科の総合偏差値は30台半ば、
一番悪い教科は偏差値20台で、
志望校は偏差値50前後の学校ばかりでした。

合格できる可能性がないわけではありませんが、
かなり難しいことは誰の目にも明らかです。

問題は成績(偏差値)が悪い(低い)ということではなく、
3年生から塾に通っていながら、なぜ今この成績なのでしょう?
今までの3年間は何だったのでしょう?
いくらでも立て直す機会はあったはずです。
どこの中学でも良いということであるならば、
偏差値にして15~20も高いポイントの学校を希望したりはしないはずです。
結局は、勉強はしたくはないけれども、
それなりの学校には行きたいという、
典型的なわがままなタイプで、
ほぼ確実に受験に失敗するタイプです。

今までの受験に対する親子そろっての甘い態度については、
今となってはどうしようもありませんから、
改めて今後のことを考えましょう。
本気で中学受験するのか、それとも高校受験に切り替えるのか、
あるいは、有名無名を問わず、色々な学校を見に行って、
お子さんにとって、本当に適正な学校を見つけるのか、
今すぐ決めてください。
その上で家庭教師の先生を依頼しましょう。
ただ闇雲に高い先生を依頼しても効果が上がるとは限りませんよ。



■いつも応援していただき、ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。
 感謝しています。
■このブログをモノローグではなく、ダイアローグに近いものにするために
 皆様の意見をお待ちしております。よろしくお願いいたします。
 コメント、メールフォームをご利用ください。
■リンク先にある私のもう一つのブログ「最高の家庭教師(幸せな合格)」でも
 お役にたつ情報を提供しています。是非ご覧ください。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

久しぶりに生徒さん募集のお知らせ

今年も家庭教師の生徒さんを募集いたします。
申し訳ありませんが、塾の仕事の関係で、以下の時間帯だけに限らせていただきます。
移動の時間もありますので、具体的な時間帯は明示いたしかねますことをご了承ください。

土曜日、日曜日の午前中を中心とした早い時間帯
ただし、塾のイレギュラーの仕事が入る場合は、曜日、時間帯を変更していただくか、
休講となりますことをあらかじめご了承ください。

興味をもたれた方は、メールフォームからご連絡ください。 
こちらから折り返しご連絡を差し上げます。

よろしくお願い申し上げます。



■いつも応援していただき、ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。
 感謝しています。
■このブログをモノローグではなく、ダイアローグに近いものにするために
 皆様の意見をお待ちしております。よろしくお願いいたします。
 コメント、メールフォームをご利用ください。
■リンク先にある私のもう一つのブログ「最高の家庭教師(幸せな合格)」でも
 お役にたつ情報を提供しています。是非ご覧ください。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

今年の家庭教師は不足ぎみ?

夏休みに入ってから、家庭教師センターからの仕事の依頼が急増しています。
何でも、今年は、例年になくご家庭からの問い合わせが多いということで、
なかなか講師が見つからないという状況になっているそうです。

家庭教師には、教務力人間力にプラスして、お子さんとの相性が必要になります。
どんなに評判の良い講師でも、どんなにランクの高い講師でも、
お子さんと相性が合わなければ、効果は期待できません。

この時期は、一般的に、教務力、人間力の高い講師は、すでに品薄の状況になっています。
だからといって、適当なところで妥協するのはお勧めできません。
品薄だからこそ、家庭教師を依頼するときには、必ず、複数人を試してから決めてください。
家庭教師センター、ネット、知り合いの伝手など、考えられる手段を使い切りましょう。
納得できる先生が見つかるまで、探してください。
ある家庭教師センターでお試しをしたからといって、
その家庭教師センターで先生を依頼しなければならないということはありません。
力のある先生の予定が全部埋まっているということは考えられません。
探せば必ず見つかります。
くれぐれも、相性まで、しっかり確認することを忘れられませぬように。

私はといえば、今年は、ある理由で、今まで家庭教師のお仕事を入れておりません。
時期も良いころですから、そろそろ家庭教師の仕事も考えてみることにしましょうか…。



■いつも応援していただき、ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。
 感謝しています。
■このブログをモノローグではなく、ダイアローグに近いものにするために
 皆様の意見をお待ちしております。よろしくお願いいたします。
 コメント、メールフォームをご利用ください。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
プロフィール

新鮮太郎

Author:新鮮太郎
プロ家庭教師、
中学受験進学塾講師

指導歴 30年以上

指導教科 
算数(他教科についてはご相談ください)

家庭教師
生徒さんを募集中です。
知識、思考方法、勉強の仕方を指導いたします。
短期、長期いずれの指導依頼もお受けいたします。
一緒に志望校合格を勝ち取りましょう。
「家庭教師をお探しの方へ」をお読みのうえ、
下記のメールフォームよりお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。

お悩み相談クリニック開始しました。
メ―ルフォームよりご相談ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
498位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
81位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR