思考力を鍛える方法

受験勉強の目標は人それぞれで異なるのでしょうが、
自分は思考力の養成を第一の目標と考えています。

勿論、現在のほとんどの中学受験は相対評価ですから、
記憶力、再現能力を使い問題解答能力を高めれば合格はできます。
でも、折角、時間をかけて努力するのなら、一歩先を目指すべきです。
(意見には個人差がありますけど…。)

問題は、どうやって思考力を鍛えるかです。

それは、問題を解くことによって鍛えられます。

実は、算数の問題を解くのに公式なんてほとんど必要ありません。
公式は、あるタイプの問題の解き方の型をまとめたものです。
公式は覚えるものではなく、理解すべきものです。
それぞれのタイプの問題の解き方は、
一行問題の形で理解し、身につけていきましょう。
どうしてそうなるのか納得することが大切です。
基本パターンが身につけば道具を手に入れたことになります。
道具が手に入ったら、実際に道具の使い方を練習することになります。
それが思考力を鍛えるということです。

算数のテキストは、
例題→練習問題→応用問題のような構成になっていることが多いのですが、
練習問題以降はすべて思考力を鍛えるための問題と理解して取り組みましょう。

練習問題の数値替え問題の演習は理解を確認するためには役立っても、
思考力を鍛えるためには役立ちません。
ですから、数値替え問題を延々と続けることはそれほど意味のあることだとは思えません。
理解の確認のために問題を2~3回繰り返すことは必要ですが、
理解ができたら、どんどん新しい問題に取り組んでいきましょう。


思考力が鍛えられれば、
初見の問題にも対応できるようになります。
お子さんは、同じ問題でも、テキストが変わっただけで別の問題に見えるようです。
別のテキストから問題を選ぶことも考えてみましょう。

5年生の終わりまでにはどの塾も一通り受験算数の内容を学習しますから、
6年生になったらどんどん思考力強化を意識した勉強をしていきましょう。
算数の問題の解き方は一つではありません。
色々な解き方があります。
目の前の問題が何算かではなく、
何がきかれているのか、
分かっていることは何か、
どうすれば答えにたどり着くことができるのか、
を考えてください。
テキスト作成者の意図と異なる解き方でも構いません。
大切なのは、論理的思考を経て答えにたどり着くことと、
できるだけ簡単な方法で答えにたどり着くことです。


分からなければ、自分で答えを読んでみましょう。
いろいろ思考をめぐらし、解答作成者の言わんとすることを理解しようとすることで、
思考力が鍛えられます。
答え、解き方を覚えるなどという誤った勉強をするのではなく、
正しい努力を続ければ、
1問でも多くの問題に当たることにより、
応用力、思考力は確実に鍛えられていきます。




最後まで読んでいただきましてありがとうございます。感謝いたします。
よろしければ、リンク先にある「最高の家庭教師」もご覧ください。
きっとお役に立てると思います。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

これだけは人に負けないというものを作ろう!

春休みは、連日、塾の授業がありますが、
学校も休みになりますので沢山のことができそうな気がします。
でも、実際には、それほど多くのことはできません。
苦手な強化がある人は、その克服に努めましょう。


私は高校に入学後、
一時、無力感に襲われて勉強をしなくなりました。
さらに暗記が嫌い(苦手?)な私です。
数学の公式を覚えることもしませんでした。
その結果、秋の全国公開模試の数学で、
偏差値38なんていう見たことのない成績をとってしまいました。
私は狼狽し、危機感を覚えました。
春休みは、赤チャートをやることにしました。
(当時、チャート式は赤と青しかありませんでした。)
やる問題は解説がくわしく載っている例題だけです。
解説を隠して、問題を考えました。
ある程度考えてもわからなければ、諦めて、解説を読みました。
腑に落ちるまで、何度も何度も読みました。
(当時の私の勉強法は、わかるまで先に進まないという勉強法でした。)
慌てず、1問1問進めました。
春休みにできたのは、赤チャートの例題だけ約100問だったと記憶しています。
でも、その後、数学は得意教科になりました。
数学が好きになり、勉強をするときはまず数学から、という状態になりました。
(その結果、他の教科がちょっとおろそかになってしまいましたが、
総合成績では以後、学年トップを維持しました。)
1年、浪人はしましたが、浪人中は、
東大模試のような特殊なものを除き、
全国規模の模試では、数学はいつも偏差値80以上でした。
(知人には国語で偏差値103をとったという強者もいましたから、
あまり自慢にはならないかもしれませんが、
私自身はある程度満足しています。)


勉強に限らず、
苦手を克服するためには自信をつけることです。
そのためには、手を広げすぎず、
とりあえず1点に集中して努力をし、
これだけは誰にも負けないというものを獲得することが
ベストな方法であると言えます。

別に算数を得意にできなくても良いのです。
例えば、数の性質だけは負けないとか、
平面図形だけは絶対負けないというような状態を作ればよいのです。
春休みが終わった時に、これだけはやったというものを残すことを目標にしてください。
苦手教科の克服を目標にして努力を続けると、
気づいたときには
苦手教科が得意教科に変わっていたりすることもありますよ。


顔晴りましょう!


最後まで読んでいただきましてありがとうございます。感謝いたします。
よろしければ、リンク先にある「最高の家庭教師」もご覧ください。
きっとお役に立てると思います。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

塾から帰るときに…

お迎えのお母さんと帰る受験生とすれ違いました。

「今日ね、場合の数っていうのをやったよ」
「へぇ~、そうなんだ」


何気ない会話ですが、こういうのっていいですね。


授業が終わった直後に、授業内容を人に話すのは、
復習してはベストな方法と言えます。

第1に、
授業の直後に授業の内容を思い出すと定着率が違います。
復習は「忘れないうちに」ではなく、「覚えたら」が基本です。

第2に、
他人に話すためには、
その内容を正確に理解、記憶していなければなりません。
話そうとすることによって、人はその内容を整理しようとします。
その結果、すでに理解、記憶していることと、
そうでないこととを区別、確認することができます。

第3に、
話すことはお手軽です。
何かをするときにいちいち準備をしなければならないとすると、
それだけで面倒な気がして、なかなか手が付けられません。
お手軽なのは大事なことです。

第4に、
普段から塾のことを話題にすることで、
勉強を生活の一部にすることができます。



お子さんが塾の授業のことを話そうとしたときは、
積極的に聞いてあげてください。
もしかしたら、そこから話が広がって、
お子さんの勉強や生活に関する悩みなども知ることができるかもしれません。
「ねえ、ねえ、お母さん…」を大切にしてあげられるよう
常に心に余裕を持っておきたいものですね。




最後まで読んでいただきましてありがとうございます。感謝いたします。
よろしければ、リンク先にある「最高の家庭教師」もご覧ください。
きっとお役に立てると思います。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

目標の立て方

目標はスモールステップで立てるのが良いですね。

目標が楽々クリアできるほど簡単過ぎるものであったり、
反対に、目標が遥か彼方にある場合は、がんばることができません。
現状ではまだクリアできないけれども、
ちょっとがんばればクリアできるという高さのハードル
が、
目標としては最適です。

6年生の夏までは基礎力を養成する期間です。
解法の基本パターンを獲得することを目指します。

塾の教材に出てくる問題は、
問題を一読したら、答えはわからなくても、
答えに至る道筋はすぐに観える状態にしたいものです。
そのためにテキストを繰り返し練習するわけですが、
モチベーションを上げるきっかけになるのが塾のテストです。

テスト範囲のない、あるいは明確でない、
公開模試や組み分けテストなどの
所謂実力テストの出来は気にしないでいきましょう。
週テストやカリキュラムテスト、復習テストなどの
テスト範囲の明確なテストの出来を気にしてください。

基準は点数、偏差値、評価、順位ではなく、
各問題ごとの正答率を使います。
最初の目標は正答率80%以上の問題を全部○にすることです。
それがクリアできたら、目標値を正答率70%以上の問題に変えます。
そして、それがクリアできたら、また更に…、
というように目標を上げていきましょう。
途中、どこかで壁に突き当たることがあります。
でも、そこをじっと耐えてがんばると一気に壁を突き破ることができます。

6年生の夏までに、
正答率10%以上の問題を全部○にできるようにすることを目指しましょう。


正答率が1桁の問題はできなくても構いません。
正答率が10%に達しないような問題は、満点崩しの問題や不適切な問題です。
合格だけを考えるのであれば、無視してよいでしょう。

9月以降の目標の立て方はまた別の機会に。
では…。



最後まで読んでいただきましてありがとうございます。感謝いたします。
よろしければ、リンク先にある「最高の家庭教師」もご覧ください。
きっとお役に立てると思います。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

お子さんの勉強方法が正しいかどうか不安なあなたへ

正しい方法で勉強すれば必ず成績は上がります。

勉強するときに一番重要視しているのは何ですか?

成績を上げるためには、①わかる、②できる、③慣れる、のステップが必要です。
どのステップも大切ですが、一番軽視されがちなのが、「わかる」です。
話を聞いたり、本を読んだりすれば、わかった気になるので、
サラッと流してしまいがちだからです。

お子さんたちは「わかる?」と聞かれれば、「わかる」と答えます。
まあ、大体はわかっているのでしょうが、完全に理解しているとは言えません。
完全に理解できていないと応用がききません。
ただ、勉強のコツがわかっていないと、
自分が本当にわかっているかどうかということ自体がわかりません。

問題はそこにあります。

わかりにくいと思いますので、「数の性質」を例にとって説明してみましょう。

「5でわると1あまる数」って「5の倍数+1」なんですが、
それを「5の倍数+1」とことばだけで理解するだけでなく、
「5の塊+1」のような自分なりのイメージをもつことが
本当に「わかる」ということだと思うのです。
だから、私が授業をするときは、
数直線などを利用して、そのようなイメージを持ってもらうように努めています。

このようなイメージがあると、
「5の倍数+1」を「6の倍数」だと誤解することもなくなるでしょうし、
「5でわっても6でわっても1あまる数」
「5でわると4あまり、6でわると5あまる数」
という問題も難なく理解することができます。

前者はあまりが同じなので、すぐに「5と6の公倍数+1」と理解しやすいのですが、
後者はあまりが異なりますから、多くのお子さんは「?」となってしまいます。

5-4=1で、6-5=1ですから、
1を加えれば、それは5でも6でもわれることになります。
だから、それは「5と6の公倍数-1」となります。
これを、ことばで説明するだけにとどめないで、
あまり4に1を加えると5の塊ができ、あまり5も1を加えると6の塊ができるから、
1を加えると5と6の公倍数になるということを、
数直線を使いながら説明すると、比較的理解しやすくなります。

このようにイメージを大事にすることが大切です。
抽象的なものを理解することは難しいのですが、
具体的なものなら比較的理解しやすいからです。

勿論、具体的にしたからといって必ず理解できるとは限りません。
お子さんの成長の度合いに合わせて必要な具体化の程度は変わってきますから、
お子さんの様子を見ながら、色々な方法で説明してあげる必要はあります。
教えるって、そういうことだと思います。
事実を伝えることは誰にでもできます。
事実を覚えさせることも、その後のことを考えなければ、それなりにできます。
でも、それだけでは、その事実に関する知識は使うことはできません。
使えない知識を身につけても「わかった」とは言えません。
どうせなら知識は使える形で身につけたいですね。

さらに知識を使える形で身につける習慣をつければ、
将来の勉強にも役立ちます。
知識を使える形で身につける習慣は生きる力の一つだと思います。
こういうのを正しい方法って言うんだと私は考えています。


今回、紹介させていただいたのは、
私が正しい勉強方法(正当な努力)と考えるものの一部です。
興味を持たれた方、まだ、わかりにくいと思われた方は、お気軽にご連絡ください。
よろしくお願いいたします。



最後まで読んでいただきましてありがとうございます。感謝いたします。
よろしければ、リンク先にある「最高の家庭教師」もご覧ください。
きっとお役に立てると思います。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
プロフィール

新鮮太郎

Author:新鮮太郎
プロ家庭教師、
中学受験進学塾講師

指導歴 30年以上

指導教科 
中学受験算数

家庭教師
生徒さんを募集中です。
知識、思考方法、勉強の仕方を指導いたします。
短期、長期いずれの指導依頼もお受けいたします。
一緒に志望校合格を勝ち取りましょう。
リンク先にある「筑駒、開成、麻布、桜蔭など超難関中学合格講座|幸せな合格研究所」をご覧になり、お問い合わせください。
お問い合わせは、下記のメールフォーム、あるいは、私のメールアドレスのいずれにいただいても結構です。
よろしくお願い申し上げます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
451位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
84位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR