早期に実戦力強化に取り組みましょう。

テストが終わったとき、「できた」と思ったのに、
採点してみると、「あれっ?」が連続して、
思ったほど点数が伸びなかった。
でも、やり直してみると、そのほとんどが正解できて、
悔しい思いをした。
そんな経験はありませんか?

そんなあなたは実戦力が不足しています。

実戦力は、問題の情報を整理し、
基本的な解法パターンなどの基本的知識を組み合わせて
問題を解いていく力です。
塾のテキストは単元別、パターン別に作成されていますから、
塾のテキストを勉強しているだけでは、
実戦力を身につけることは困難です。
算数の単元別学習が一通り終わったら、
実戦力強化のための学習を取り入れたいものです。
入試問題集(所謂、電話帳)を使い、
1日1問ずつで良いので初見の問題に取り組みましょう。
勿論、現在、塾で学習している単元でもいいんですよ。
別の教材を使って、
どの解法パターンを使ったらいいのかわからない
問題に取り組む
ことに意味があります。
公式を当てはめるだけでなく、
問題の情報を整理し、
正解にたどり着く練習をしましょう。


低学年の場合、知識は備わっていても、
問題の意味が把握できないために正解にたどり着けないという
お子さんが多いですね。
問題の意味を説明してあげると
すぐに正解にたどり着けるお子さんは
問題を読む力が不足しています。
そんなお子さんは問題を読む力を鍛えましょう。
一緒に問題を読んであげて、
問題の意味が分かっているのかどうか
一つずつ確認していきましょう。

実戦力を鍛えるのは時間がかかります。
焦らず気長にやることが必要です。

できるだけ早めに取り組みたいものです。



最後まで読んでいただきましてありがとうございます。感謝いたします。
よろしければ、リンク先にある「最高の家庭教師」もご覧ください。
きっとお役に立てると思います。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

頭は使ってこそ…

授業中、お子さんたちは色々な発言をします。
その中には、発言しているお子さん自身も気付いてはいませんが、
とても重要なものもあります。

そんなとき、こちらも「いいぞ!」と思いながら、
その発言に対して切り込んでいきます。

「今、○○って言ったけど、どうしてそう思ったの?」

これに対して答えてくれるお子さんもいますが、
黙り込んでしまうお子さんの方が多いですね。
お子さんたちの様子を見ていると、黙り込んでしまうのは、
上手く答えられないからだと思われますが、
もったいないですよね。

上手に答えられなくてもいいんです。
自分の言葉で自分の考えを伝えられればそれでよいのです。

上手く答えられないからといって
笑ったり馬鹿にしたりする人などいません。
答えるためにあれこれ考えることが大切です。
人の話を聞いたり、本を読んだりという受動的な行動より、
説明したり、体験したりという能動的な行動をとった方が、
理解が深まり、記憶も残りやすいものです。


折角与えられた勉強の機会です。
自らチャンスを放棄するのはもったいないですよ。
先生から質問されたら、積極的に答えましょう。

上手く答えられないということは、
まだ十分理解できていないということです。
頭を使って少しでも前進しましょう。
先生はヒントを出したり、誘導したりしてくれます。

逃げちゃダメだ!逃げちゃダメだ!(碇シンジくん風に)

頭はあなたに与えられた最大の財産であり、最大の武器です。
使えば使うほどよくなります。
ギリギリまで使い切りましょう!



最後まで読んでいただきましてありがとうございます。感謝いたします。
よろしければ、リンク先にある「最高の家庭教師」もご覧ください。
きっとお役に立てると思います。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

続・思考力を鍛える方法

思考力とは、問題に対面したときに、
自分の持っている知識を駆使して、その問題を解決する力です。

マニュアルを使って問題に対応する力は思考力ではありません。
公式に当てはめて正解を得る力は思考力とは言えません。


算数の問題であれば、
問題を分析し、様々な条件を整理して、答えにたどり着く力です。
ですから、実際に問題に当たって、
それを分析、整理し、正解にたどり着く練習をするのが
基本であることは前回書いた通りです。


それは出題者と会話をすることだと言えます。
そうだとすれば、普段の会話を通じても、
思考力を鍛えることはできるはず
です。

お子さんが、こちらの質問に対して、
言いたいことはわかるんだけど、
質問に対する答えとしては適切でない答え方をすることってありますよね。
そんなとき、面倒だからといって「はい、はい、わかりましたよ」って答えたり、
先回りして「こういうこと?」って言ったりしていませんか?

自分も短気な性格なので、つい、先回りをしてしまいがちでした。
子どもが小さい頃、幼稚園の先生から
「お父さん、ダメよ!」って注意されたことを覚えています。


算数の指導中でも、こちらの質問に対して適切に答えられないお子さんは多いですね。
お子さんが行き詰っているとき、
ヒントを出したり、説明をしたりすることがあります。
そんなときは、問題を小分けして、スモールステップで質問していきますが、
突然、質問とは関係なく、正解を口にするお子さんがいます。
勿論、そのお子さんは論理的に考えて正解を得ているのだとは思いますが、
そんなときは、突然正解を言わないで、
とりあえず正解がわかった旨を言うべきです。
そうしないと会話が成立しません。

言うまでもないことですが、数を当てはめて正解を得るのはダメですよ。
勿論、直観力は大切です。
でも、論理的に考える方がもっと大切です。
数を決めて、それを問題文に当てはめたら、その問題が成立したからといって、
それを正解だとしていると問題に対応する力は養われません。

お子さんが突然正解を口にしたときには、
必ず、正解に至る道筋を説明させてみましょう。
説明できなければ、論理的に考えていない可能性が大きいと言えます。
お子さんにそういう説明を求めるのは無理だという意見もあるようですが、
本当にわかっていれば、その説明は拙いかもしれませんが、
確実に説明できます。


聞かれていることに答えるということは、合格のためには絶対必要です。
会話の基本は、
自分が言いたいことを言うのではなく、
相手がききたいことを言うことです。

テストも出題者との会話です。
出題者とうまくコミュニケーションができるよう普段から意識したいですね。



最後まで読んでいただきましてありがとうございます。感謝いたします。
よろしければ、リンク先にある「最高の家庭教師」もご覧ください。
きっとお役に立てると思います。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

思考力を鍛える方法

受験勉強の目標は人それぞれで異なるのでしょうが、
自分は思考力の養成を第一の目標と考えています。

勿論、現在のほとんどの中学受験は相対評価ですから、
記憶力、再現能力を使い問題解答能力を高めれば合格はできます。
でも、折角、時間をかけて努力するのなら、一歩先を目指すべきです。
(意見には個人差がありますけど…。)

問題は、どうやって思考力を鍛えるかです。

それは、問題を解くことによって鍛えられます。

実は、算数の問題を解くのに公式なんてほとんど必要ありません。
公式は、あるタイプの問題の解き方の型をまとめたものです。
公式は覚えるものではなく、理解すべきものです。
それぞれのタイプの問題の解き方は、
一行問題の形で理解し、身につけていきましょう。
どうしてそうなるのか納得することが大切です。
基本パターンが身につけば道具を手に入れたことになります。
道具が手に入ったら、実際に道具の使い方を練習することになります。
それが思考力を鍛えるということです。

算数のテキストは、
例題→練習問題→応用問題のような構成になっていることが多いのですが、
練習問題以降はすべて思考力を鍛えるための問題と理解して取り組みましょう。

練習問題の数値替え問題の演習は理解を確認するためには役立っても、
思考力を鍛えるためには役立ちません。
ですから、数値替え問題を延々と続けることはそれほど意味のあることだとは思えません。
理解の確認のために問題を2~3回繰り返すことは必要ですが、
理解ができたら、どんどん新しい問題に取り組んでいきましょう。


思考力が鍛えられれば、
初見の問題にも対応できるようになります。
お子さんは、同じ問題でも、テキストが変わっただけで別の問題に見えるようです。
別のテキストから問題を選ぶことも考えてみましょう。

5年生の終わりまでにはどの塾も一通り受験算数の内容を学習しますから、
6年生になったらどんどん思考力強化を意識した勉強をしていきましょう。
算数の問題の解き方は一つではありません。
色々な解き方があります。
目の前の問題が何算かではなく、
何がきかれているのか、
分かっていることは何か、
どうすれば答えにたどり着くことができるのか、
を考えてください。
テキスト作成者の意図と異なる解き方でも構いません。
大切なのは、論理的思考を経て答えにたどり着くことと、
できるだけ簡単な方法で答えにたどり着くことです。


分からなければ、自分で答えを読んでみましょう。
いろいろ思考をめぐらし、解答作成者の言わんとすることを理解しようとすることで、
思考力が鍛えられます。
答え、解き方を覚えるなどという誤った勉強をするのではなく、
正しい努力を続ければ、
1問でも多くの問題に当たることにより、
応用力、思考力は確実に鍛えられていきます。




最後まで読んでいただきましてありがとうございます。感謝いたします。
よろしければ、リンク先にある「最高の家庭教師」もご覧ください。
きっとお役に立てると思います。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

その勉強方法まちがっていませんか?

久しぶりに映画「幸せのちから」を観ました。
原作は、クリス・ガードナー氏の
貧しい子ども時代から成功を収めるまでの半生を描いた実話ですが、
映画ではガードナー氏が証券会社の無給の研究生に採用されてから、
本採用されるまでのおよそ半年間だけが切り取られて描かれています。

成功を収めるために、生活のすべてを
目標達成のために費やさなければならない

ことが実感として伝わってきます。

受験も同じです。
志望校に合格したければ、全力で合格のための努力をしなければなりません。

中学受験の優先順位が一位であるならば、
おきている時間はすべて合格を実現するための努力に当てましょう。

他の習い事などもしばらくはお休みする必要もあるでしょう。
「子どもだから勉強ばっかりというのもかわいそう」という考え方は疑問です。
それはお子さんの意思を無視した受験である可能性はありませんか?
中学受験は親子の受験です。
お子さんの意思も確認した上で、覚悟を決めて立ち向かいましょう。

睡眠時間は十分に確保してください。
最近は夜遅くまでおきているお子さんも増えているようですが、
健康を害しては元も子もありません。
睡眠時間が十分確保されていないと、
おきているときも何となくぼんやりしていて、
勉強の能率が上がりません。
お友達はもう眠っている時間だけど、
受験生だからもっとがんばりなさいっていうのはナンセンスです。

泣きながら勉強させるのは間違っていると思います。
できないことが悔しくて泣くということはあるでしょう。
でも、勉強するのが嫌で泣いているのだとしたら、
勉強を押し付けている可能性が高いと言えます。

受験ってそんなに難しいものではありません。

昔、テレビのクイズ番組で、ある人が言っていました。
「『タイムショック』(田宮二郎さんのあの番組です)は
速押しがなく5秒以内で答えればいいんですから楽です。」

受験も同じです。
与えられた制限時間内で、自分のペースで解答していけばいいんですから、
競争相手に邪魔されたりすることはありません。
正当に努力していけば、競争相手の調子に関係なく、
ほぼ確実に合格を手にすることができる
のですから、
それほど困難なことではありません。

全力で正当な努力をし、目標を達成しましょう!



最後まで読んでいただきましてありがとうございます。感謝いたします。
よろしければ、リンク先にある「最高の家庭教師」もご覧ください。
きっとお役に立てると思います。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
プロフィール

新鮮太郎

Author:新鮮太郎
プロ家庭教師、
中学受験進学塾講師

指導歴 30年以上

指導教科 
算数(他教科についてはご相談ください)

家庭教師
生徒さんを募集中です。
知識、思考方法、勉強の仕方を指導いたします。
短期、長期いずれの指導依頼もお受けいたします。
一緒に志望校合格を勝ち取りましょう。
「家庭教師をお探しの方へ」をお読みのうえ、
下記のメールフォームよりお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。

お悩み相談クリニック開始しました。
メ―ルフォームよりご相談ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
498位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
81位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR