fc2ブログ

中学受験・幸せな合格|幸せな合格研究所

幸せな合格研究所が幸せな合格を実現するためにお役に立つ情報をご提供します。たまには、脱線もありますが…。

1点の重み(本番でミスしないために)

こんにちは、
新鮮太郎です。




某難関私立校の校長先生が
おっしゃっていました。




どの学校でも、
合格最低点に1点足らずに
不合格になるお子さんは
1クラス分いる。

1点足らないお子さんが
能力的に劣っているとは思わないが、
不公平にならないためには
点数で切るしかない。





1点の重みを感じずにはいられません。




入試ではどの問題も
配点はほとんど同じです。

正解することが前提の
基礎点の問題は
確実に取らなければなりません。




計算ミスも絶対に避けましょう。

以前担当したお子さんは、
ボーダーライン上にあった第1志望校で、
普段なら考えられない計算ミスを3つもやり、
合格をいただけませんでした。





計算ミスが多いお子さんは、
ミスのパターンを確認し、
同じパターンのミスを
しないようにしましょう。

また、答えを出すごとに、
その答えが変ではないかを
簡単にチェックする癖もつけましょう。




入試で合格をいただけるのは
ミスをしなかったお子さんです。

本番では、
「ミスしない」を意識しすぎると、
却ってミスをしがちですが、
練習段階では思いっ切り
意識してください。

ミスを防ぐ行動が当たり前になれば、
本番ではきっと成功できますよ。




さあ、今日も算数で楽しみましょう!

Let's 算数!

一人でも多くのお子さんが
苦しい勉強から解放され
学ぶことの楽しさに
出会えますように…。

前へ!







受験算数で何かお困りのことはありませんか?
お気軽にご連絡ください。
きっとお力になれると思います。

家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
感謝いたします。
いつか、お会いできる日を楽しみにしています。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

メモの勧め(小問(1)は小問(2)のヒント)

こんにちは、
新鮮太郎です。




この(2)は(1)を使うと思うんだけど、
ここまでやったところで
先へ進めなくなってしまいました。





最近レッスンを始めたA君からの質問です。




いいですねぇ。

2回くらい前のレッスンで、
大問の中の小問は関連性があり、
(1)は(2)のヒントになっていることを
伝えました。

A君はそれを意識して
問題に取り組んでくれているようです。

すぐにはできなくても良いのです。

意識をすることで段々できるようになります。




授業やレッスンの中で得た気づきは
どうしていますか?

どんなにすばらしい気付きでも
そのままにしておくと
すぐに忘れてしまいます。

新しく得た気づきは、
メモに残し、繰り返し眺めることが
お勧めです。


小さなメモ帳を持ち歩き、
気付いたことがあれば、
どんどん書いていきましょう。

メモを取る習慣をつけることで、
入ってくる情報に意識が向き、
大事な情報を聞き逃すことが減るはずです。




さあ、今日も算数で楽しみましょう!

Let's 算数!

一人でも多くのお子さんが
苦しい勉強から解放され
学ぶことの楽しさに
出会えますように…。

前へ!







受験算数で何かお困りのことはありませんか?
お気軽にご連絡ください。
きっとお力になれると思います。

家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
感謝いたします。
いつか、お会いできる日を楽しみにしています。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

やっているのにどうしてできるようにならないんだろう?

こんにちは、
新鮮太郎です。




Aさんは通過算が苦手だと言います。




解いたあとを見てみると、
図はきちんと描けています。

「あれっ?図はちゃんと描けてるよね…」

「図は描けるんだけど、その先が…」




思うに、Aさんは、
普段の授業で板書を写すことばかりに
意識が向いていたのではないでしょうか。


完成した図は見ていても、
図ができていく過程に意識は向かず、
その結果、図が動き出すことが
なかったということです。

速さの問題では、
それが状況図であれ、
ダイヤグラム(進行グラフ)であれ、
解答者のイメージの中で
動き出さなければなりません。




授業の中では
先生は説明をしながら
図を描いていくはずです。

図を完成させてから
説明を始める先生は
いないはずです。

お子さんには、
「先生の話をよく聞きなさい」
「よく見ていなさい」
というだけでは足りません。

「描いていく途中を見なさい」
「イメージしながら見なさい」
のように、何をどのように
見るのか、聞くのかを教えてあげてください。




なぜ理解できないのか、
なぜ成績が上がらないのか、
「なぜ」を考えて、
問題点をつぶしていかないと
事態は改善されません。

でも、それをやれば
事態は動き出します。


お子さんの成績が上がらないのは
お子さんがバカだからではありません。

何をどのようにすれはよいのかが
わかっていないからだけです。





さあ、今日も算数で楽しみましょう!

Let's 算数!

一人でも多くのお子さんが
苦しい勉強から解放され
学ぶことの楽しさに
出会えますように…。

前へ!







受験算数で何かお困りのことはありませんか?
お気軽にご連絡ください。
きっとお力になれると思います。

家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
感謝いたします。
いつか、お会いできる日を楽しみにしています。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

残念な勉強(ここを直して成績をあげよう!)

こんにちは、
新鮮太郎です。




間違えた問題、
できなかった問題について、
赤で直す(解答を写す)お子さんは
多いものです。

でも、それをしても
なかなか点数は上がりません。

解答を赤で書き写すことで
勉強した気になってしまい、
その後の努力を怠ってしまうからです。




勉強はできないことを
できるようにすること、
解けない問題を
解けるようにすることです。

解法を理解し、
身につけることを考えると、
解答を書き写すよりも、
解答解説を納得するまで
何度も読み込むことの方が効果的です。


理解できたと思ったら
解説を閉じて、
もう一度何も見ないで
問題を解いてみましょう。

解けてもお終いではありません。

翌日、もう一度
同じ問題を解いてみましょう。

ここで解けたら
ひとまずお終いになります。




でも、時間が空くと
また忘れてしまいますから、
しばらくしたら
繰り返し確認する必要はあります。

100問に1回ずつ取り組むより、
50問でよいので
繰り返し取り組んで
確実に身につけることが
点数を上げるためには
有効です。





さあ、今日も算数で楽しみましょう!

Let's 算数!

一人でも多くのお子さんが
苦しい勉強から解放され
学ぶことの楽しさに
出会えますように…。

前へ!






受験算数で何かお困りのことはありませんか?
お気軽にご連絡ください。
きっとお力になれると思います。

家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
感謝いたします。
いつか、お会いできる日を楽しみにしています。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

これはやってますよね?

こんにちは、
新鮮太郎です。




過去問演習は順調に進んでいますか?

点数は上がってきていますか?




直前1か月(1月)は、原則として
新しい問題に手を出すべきではありません。

でも、直前期に2巡目に取り組んだとき、
点数が低いままで1巡目と変わらなければ
合格は困難と言わざるを得ません。

2巡目に取り組むまでに
できなかった問題を
できるようにしておくことが必要です。





1巡目にできなかった問題は
細切れで良いので繰り返し練習して
できるようにしておきましょう。

答えを覚えてできるようになるのでは
意味はありませんが、
解き方を覚えるのは問題ありません。

寧ろ全問題について解き方を覚えて
できるようになれば、
本番でも得点できる可能性が高まります。





いつも言っていることですが、
勉強はできないことを
できるようにしていくことです。

それは過去問だけに限りません。

4、5年生のご家庭も
できない問題は繰り返し練習して
できるようにしましょう。

全問題に1回ずつ取り組むよりも、
取り組む問題を少し減らしてでも
取り組んだ問題を
全部できるようにする方がお勧めです。





さあ、今日も算数で楽しみましょう!

Let's 算数!

一人でも多くのお子さんが
苦しい勉強から解放され
学ぶことの楽しさに
出会えますように…。

前へ!







受験算数で何かお困りのことはありませんか?
お気軽にご連絡ください。
きっとお力になれると思います。

家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
感謝いたします。
いつか、お会いできる日を楽しみにしています。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

合格の決め手は…

こんにちは、
新鮮太郎です。




以前、某難関校の先生に
お聞きしたところでは、
テスト後半の問題では
それほど差はつかず、
差は前半の問題で
ついているそうです。




本来、後半の問題は
合否を分ける問題で、
前半の問題は
できることが前提の
基礎点問題です。

でも、実際には
それが機能していない
ということです。




でも、この事実からは、
基礎点問題で
取りこぼしをしないことで
合格に大きく前進できることが
わかります。


入試は満点を取らなくても
合格は可能です。

また、1問の重みは
どれもほぼ同じです。

そうだとすれば、
後半の合否を分ける問題の
最後の小問は捨てても、
前半の基礎点問題は
身長に取り組んで
絶対に獲ることが
得策であると言えます。

実際、ほとんどの学校は、
前半の一行題を全部獲り、
後半の応用問題の小問(1)を
拾うだけで
合格圏に入ることができます。




合格に難しいことは必要ありません。

当たり前のことが
当たり前にできることで
合格はできます。





さあ、今日も算数で楽しみましょう!

Let's 算数!

一人でも多くのお子さんが
苦しい勉強から解放され
学ぶことの楽しさに
出会えますように…。

前へ!






受験算数で何かお困りのことはありませんか?
お気軽にご連絡ください。
きっとお力になれると思います。

家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
感謝いたします。
いつか、お会いできる日を楽しみにしています。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

先取学習を失敗しないために

こんにちは、
新鮮太郎です。




先取学習をしているお子さんが
全員難関校に進学できるわけではありません。




確かに先取学習をしているお子さんは
入塾当初は良い成績を出しますが、
それがそのまま続くわけではありません。

いくら入塾時に先を走っていても、
入塾とともに塾のペースに合わせて走り出すと、
遅かれ早かれ後続集団に飲み込まれるからです。




では、集団に飲み込まれないためには
どうしたらよいのでしょう?




1つは先取学習の内容を間違えないことです。

知識の多寡だけに拘らないで、
思考力の強化を重視すること、
勉強の習慣を作り、
勉強が当たり前の日常にすることです。




もう1つは
入塾後もずっと先取りを意識することです。


リードの状態を維持したいのであれば
ずっと先取りを続けることです。

塾のカリキュラムは
お子さんの学齢を考慮して
スパイラル方式で組まれています。

同じ単元が何度も出てきますが、
それぞれの単元で
常に発展的な内容まで学習できれば
リードを維持することができます。

勿論、上手に塾のカリキュラムに乗れば、
先取がなくてもちゃんと合格できます。

だから、無理矢理先取りを
続ける必要はありません。

あくまでも余裕があればです。

無理しないことが大切です。




さあ、今日も算数で楽しみましょう!

Let's 算数!

一人でも多くのお子さんが
苦しい勉強から解放され
学ぶことの楽しさに
出会えますように…。

前へ!







受験算数で何かお困りのことはありませんか?
お気軽にご連絡ください。
きっとお力になれると思います。

家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
感謝いたします。
いつか、お会いできる日を楽しみにしています。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

点数、成績を上げるためにはどこに目を向けるべきか

こんにちは、
新鮮太郎です。




Aさんはまだ過去問の点数が取れません。




演習したものを見ると、
空欄が所々に見られ、
問題用紙の方もあまり考えた跡がありません。

確認すると、
時間がかかりそうだったり、
難しそうだったからとばしたとのこと。




とばすのは良いのですが、
制限時間が終了したら、
そういった問題も
改めて考えてみましょう。

実際、
その場でもう一度考えてみるよう指示すると、
とばした問題のうちのいくつかは
ノーヒントで解けます。

そうでなくても、
こちらで問題を読んで意味を説明してあげると、
多くは解けます。

こちらで最初から説明してあげる必要がある問題は、
そう多くはありません。




Aさんに足りないのは
執着心読解力、分析力です。


本番では執着心も出るのでしょうが、
普段から執着心を出し、
脳をフル回転させる習慣をつけた方が
本番でも良い結果が出る気がします。

読解力と分析力も
執着心と関係があると思いますが、
普段から練習しないと、
その能力は高まりません。

お子さんが、
問題の意味がわからないというときは、
すぐに説明することはせず、
お子さんと一緒に
問題文の読み解き方を練習しましょう。

問題を一文ずつ読み解き、
必要に応じて図や表を描き、
小問間の関係を確認しましょう。

読解力、分析力は
短期間ではなかなか伸びません。

できるだけ早い時期から
練習しましょう。




お子さんに足りていないのは
どんな力ですか?

単元学習、弱点単元の教科は
勿論大切です。

でも、全教科を横断する基礎力に目を向けないと、
なかなか点数は上がっていきません。

○×だけでなく、
○×の理由にも注目しましょう。





さあ、今日も算数で楽しみましょう!

Let's 算数!

一人でも多くのお子さんが
苦しい勉強から解放され
学ぶことの楽しさに
出会えますように…。

前へ!







受験算数で何かお困りのことはありませんか?
お気軽にご連絡ください。
きっとお力になれると思います。

家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
感謝いたします。
いつか、お会いできる日を楽しみにしています。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

合格するために一番大事なこと

こんにちは、
新鮮太郎です。




合格するために一番大事なことって
何だと思いますか?と
ある保護者さんから聞かれました。




基本パターンを身につけること、
しっかり過去問演習をすることは
勿論大切ですが、
一番大切なのは、
何よりも楽しく勉強することだと思います。


楽しくないと興味が持てず、
やる気も起きません。

気持ちが盛り上がらないと
身につきません。

だから、楽しいっていう気持ちは
何よりも大切だと思います。




この時期、6年生は怒鳴りつけてでも
やらせなきゃダメだと言い放った
受験関係者もいます。

怒鳴られてやる気満々になるのなら
それもありでしょうが、
少なくとも私は怒鳴られたら
反発心はわいても、
やる気はおきません。

怒鳴ってやらせても、
お互い気分は悪くなるし、
効率の悪い苦痛の時間が過ぎることになります。

「子どものため」と正当化しても、
それは自分の満足感を得るためでは
ありませんか?





受験勉強だって楽しくやりましょう。

大人はどうしたら
楽しくできるのかを考え続けましょう。

楽しく勉強すれば、
お子さんは放っておいても
伸びていきます。




さあ、今日も算数で楽しみましょう!

Let's 算数!

一人でも多くのお子さんが
苦しい勉強から解放され
学ぶことの楽しさに
出会えますように…。

前へ!







受験算数で何かお困りのことはありませんか?
お気軽にご連絡ください。
きっとお力になれると思います。

家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
感謝いたします。
いつか、お会いできる日を楽しみにしています。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スタンダードな解法を!(4~5年生)

こんにちは、
新鮮太郎です。




答えは合ってるけど、
これどうやって解いたの?

ええと、これがこうで、
こうなって…。


ああ、わかった。
それはそれでいいけど、
できればスタンダードな方法で
解いた方がいいね。


どうしてスタンダードな方がいいの?

どうしてって…




問題を解くとき、
正解にたどり着けるのであれば、
解き方は自由です。

特にテストのときは、
どの方法が良いかなんて考えず、
思いついた方法で
解けばいいのです。

でも、できればみんなが使う
スタンダードな方法が
いいですね。

だって、スタンダードな方法は
それが使いやすいからこそ
スタンダードなわけですし、
スタンダードな方法の方が
途中の式、考え方も書き易いからです。





一番望ましいのは、
問題を読んでパッと思いつく方法が
スタンダードな方法になっていることです。

そのためにはスタンダードな解法が
しっかり身についていなければなりません。

5年生までの1回目の学習では
型を身につけることに
注力しましょう。

型がしっかり身についてこそ
型破りな活躍をすることができます。

型が身につかないうちから
我流でやるのは型無しです。





さあ、今日も算数で楽しみましょう!

Let's 算数!

一人でも多くのお子さんが
苦しい勉強から解放され
学ぶことの楽しさに
出会えますように…。

前へ!







受験算数で何かお困りのことはありませんか?
お気軽にご連絡ください。
きっとお力になれると思います。

家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
感謝いたします。
いつか、お会いできる日を楽しみにしています。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

演習は心を整えてから取り組みましょう

こんにちは、
新鮮太郎です。




甲さんは日々過去問演習を
がんばっていますが、
どうも点数が安定しません。

A中学もB中学も、
ある年度は8割を超えるのに、
ある年度は2割程度しか取れない
という状態です。




過去問に限らず
同じ種類のテストのできが、
実施するたびに
大きく変動するということは、
通常多くはありません。

もし、甲さんの様に
点数が大きく変動する
ということであれば、
それは学力面ではなく、
精神面によるものであると
考えられます。




演習をするときは
心を落ち着けて
全力で挑みましょう。

心配事などがあっても、
それは紙に書き出すなどして
一旦は忘れましょう。


1問や2問わからないものがあっても
簡単に諦めてはいけません。

真剣に全力で考えましょう。

本気で頭を使ったときは
本当に疲労します。

私も試験後、
しばらく立ち上がれなかったことがあります。

にもかかわらず、
演習後、元気いっぱいの
お子さんが多いのは残念です。

もしかしたら、
全力で取り組むことも
練習が必要なのかもしれませんね。




さあ、今日も算数で楽しみましょう!

Let's 算数!

一人でも多くのお子さんが
苦しい勉強から解放され
学ぶことの楽しさに
出会えますように…。

前へ!






受験算数で何かお困りのことはありませんか?
お気軽にご連絡ください。
きっとお力になれると思います。

家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
感謝いたします。
いつか、お会いできる日を楽しみにしています。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

学校選びの基準

こんにちは、
新鮮太郎です。




東京決戦まで80日となったこの時期、
併願の抑え校まで含めると
まだ受験校が決まっていないご家庭は
意外と多いのかもしれません。

受験校が決まらないと
過去問演習も進みません。

親子ともに気に入るかに加えて、
過去問が得点できるかまで
判断基準に加えると
学校選びは時間がかかります。

5年生以下のご家庭は、
できるだけ早い時期に、
併願校を含めて受験校を決めましょう。




学校選びは意表をつくものは
お勧めできません。

ラインナップを見れば、
何か一貫したポリシーを感じるのが普通です。

あるご家庭は、
第1志望をどうするかで迷っているようです。

1つは男子付属校、
もう1つは共学の進学校です。

共通点はともに
人気の有名難関校という点だけです。

過去にもそういったご家庭はありましたが、
そういうご家庭はほぼ例外なく
第1志望を獲れていません。

学校選びは各御家庭の方針で
決めればよいのですが、
ブランドを第1基準にするのは
お勧めできません。





加えて、学校選びのために、
点数が取れるかどうかを
過去問で試すのもお勧めできません。

この場合、お子さんの本気度が高くないので、
得点が低くなりがちです。

点数が取れる学校を受験するのではなく、
合格するために点数を取れるようにすることを
お忘れなく!




さあ、今日も算数で楽しみましょう!

Let's 算数!

一人でも多くのお子さんが
苦しい勉強から解放され
学ぶことの楽しさに
出会えますように…。

前へ!






受験算数で何かお困りのことはありませんか?
お気軽にご連絡ください。
きっとお力になれると思います。

家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
感謝いたします。
いつか、お会いできる日を楽しみにしています。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

お昼寝の勧め

こんにちは、
新鮮太郎です。




睡眠は疲労回復のために
最善の方法です。


どんなに顔晴りたいときでも、
睡眠時間だけは削ってはいけません。

必要な睡眠時間は、
個別具体的に違いますから、
一概には言えません。

でも、感覚的には、5~6年生なら
少なくとも7時間は必要ではないかと
考えています。




大事なのは、
疲労が蓄積した状態で
勉強を続けても
効率が悪いということです。

必要に応じてお昼寝を
取り入れることがお勧めです。

学校から戻ったお子さんが
疲れているようなら、
塾へ行く前、
家庭教師が来る前に、
15分くらい仮眠をとらせてください。


15分では短い気がするかもしれませんが、
15分も眠ればスッキリします。

気をつけなければいけないのは、
仮眠は、机、テーブルに
突っ伏して取ることです。

絶対に横にならせてはいけません。

起き上がれないことにもなりかねません。




さあ、今日も算数で楽しみましょう!

Let's 算数!

一人でも多くのお子さんが
苦しい勉強から解放され
学ぶことの楽しさに
出会えますように…。

前へ!







受験算数で何かお困りのことはありませんか?
お気軽にご連絡ください。
きっとお力になれると思います。

家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
感謝いたします。
いつか、お会いできる日を楽しみにしています。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

直前期に気を付けるべきこと

こんにちは、
新鮮太郎です。




2021年東京入試まで残り82日。

既にロングスパートに入っている
お子さんもいるかもしれません。




ラストスパートに入ると
気持ちが昂ります。

気持ちが昂ると
負の面が目に入らなくなります。

というより認めたくなくなります。




頑張るお子さんは、
疲労がたまっても
さらに頑張るかもしれません。

“頑張る”は頑固を引っ張ることです。

“必死に”頑張れば必ず死にます。

親御さんが煽れば
とんでもない事にもなりかねません。




勉強でも
高いパフォーマンスを上げるためには、
疲労を溜めないようにして
進めなければなりません。


直前期になっても、
勉強は適切な休息をとりながら
進めてください。

お子さんが高いパフォーマンスを
上げられるかどうかは、
親御さん次第です。




さあ、今日も算数で楽しみましょう!

Let's 算数!

一人でも多くのお子さんが
苦しい勉強から解放され
学ぶことの楽しさに
出会えますように…。

前へ!







受験算数で何かお困りのことはありませんか?
お気軽にご連絡ください。
きっとお力になれると思います。

家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
感謝いたします。
いつか、お会いできる日を楽しみにしています。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

合格は獲りに行くものです!

こんにちは、
新鮮太郎です。




A君は、
最近レッスンを始めたばかりです。

過去問も
ほとんどやっていませんでした。

だから、過去問の点数は
受験者平均にすら届きません。

ただ、これは普通のことで、
他のお子さんと変わりません。




でも、A君には他のお子さんと
ちょっと違うところがあります。

A君は、レッスン中のアドバイスを
メモします。

書き取るように指示しなくても
メモを取ります。

彼は明らかに合格を獲りに行っています。




合格は自ら獲りにいかなければ
獲ることをできません。


“やる気にさせる”とは
よく言われることですが、
親御さんも先生も
お子さんがやる気になる
きっかけは与えられても、
実際にやる気になるのは
お子さん自身です。

合格を獲りに行っているA君には
期待大です。




さあ、今日も算数で楽しみましょう!

Let's 算数!

一人でも多くのお子さんが
苦しい勉強から解放され
学ぶことの楽しさに
出会えますように…。

前へ!







受験算数で何かお困りのことはありませんか?
お気軽にご連絡ください。
きっとお力になれると思います。

家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
感謝いたします。
いつか、お会いできる日を楽しみにしています。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

いくら教えてもできるようにならない…(お子さんを指導するときに大切なこと)

こんにちは、
新鮮太郎です。




お子さんを指導するときには、
お子さんが理解できること、
お子さんができるようになること

を意識しましょう。





お子さんが全く手が付けられない問題は、
問題文の整理から始めましょう。

問題を1文ずつ読み、
その段階で分かることを確認していきましょう。
(お子さんに聞いてみましょう。)

問題文を最後まで読んでみても
手が付けられない場合は、
解法を少しずつ見せながら
お子さんを誘導していきましょう。

途中でお子さんが一人で解き始めたときは、
行ける所までいかせましょう。




お子さんはできたと思っていたのに
間違えていた問題は、
お子さんに説明させましょう。

計算ミスの場合以外は
どこかに論理的におかしな部分があるはずです。

そこを指摘してあげてください。

解き方を教えなくても、
どこが間違っているか指摘するだけで
正解にたどり着けるお子さんは多いものです。



解説をするときも
一方的に説明するだけでは
お子さんの記憶には残りません。

お子さんが頭を使うようにしましょう。


お子さんに質問しながら
論理を進める方法もあるでしょう。

時には、わざと間違った説明をして
どこが違っていたかを尋ねる方法もありです。

お子さん自身が頭を使わなければ、
お子さんはその問題をものにはできません。





時間はかかりますが、
解法を覚えるよりも、
アプローチの仕方を身につける方が
得点能力は上がります。


急がば回れです。




さあ、今日も算数で楽しみましょう!

Let's 算数!

一人でも多くのお子さんが
苦しい勉強から解放され
学ぶことの楽しさに
出会えますように…。

前へ!







受験算数で何かお困りのことはありませんか?
お気軽にご連絡ください。
きっとお力になれると思います。

家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
感謝いたします。
いつか、お会いできる日を楽しみにしています。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

もっと粘れ!喰らいつけ!

こんにちは、
新鮮太郎です。




過去問の答案を見ていると、
物凄く淡白な答案があります。

このままでは絶対合格は不可能で、
本番ならばこんな答案は
提出しないだろうという答案です。

でも、答案がそんな状態でも、
再度考えさせたり、
ヒントを与えたりすると、
正答に到達できる場合が
意外とあります。





過去問演習の目的は、
本番で合格ラインに達することが
できるかどうかの確認ではなく、
本番で点数をとるための練習です。


もっとしがみつきましょう。

粘り強く考えましょう。

制限時間を過ぎても
すぐに考えるのを止めるのではなく
納得いくまで考えましょう。

そうしてこそ
対応力は上がっていきます。

12月いっぱいは
きちんと理解することを優先する
勉強の本道、王道を進みましょう。





さあ、今日も算数で楽しみましょう!

Let's 算数!

一人でも多くのお子さんが
苦しい勉強から解放され
学ぶことの楽しさに
出会えますように…。

前へ!






受験算数で何かお困りのことはありませんか?
お気軽にご連絡ください。
きっとお力になれると思います。

家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
感謝いたします。
いつか、お会いできる日を楽しみにしています。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

勘で答えを書くのってありですか?

こんにちは、
新鮮太郎です。




塾の模試は、
勉強の到達度を確認するとともに、
点数を取る練習をするもの
ですから、
勘で答えを書くのもありです。


勿論、勘で当たった問題は
できていない問題ですから、
それとわかるようにしておかなければなりません。




模試のときには、
それぞれの問題に対する自信に応じて、
問題ごとに○、×、△の印をつけましょう。

テスト後には、
自信をもって正解できた○の問題以外は
きちんと復習しましょう。

そうすることで
効率的な復習ができます。




過去問演習など自宅で問題を解くときは、
途中式、考え方はわかる範囲で
書いた方がよいのですが、
答えを勘で書くのはやめましょう。

勘が当たると、
変に期待を大きくしてしまいます。




受験勉強はできないことを
できるようにしていくことで
合格に近づくことができます。


目標はあくまでも入試本番です。

ゲーム感覚で勉強するのは良いのですが、
幼いお子さんほど○×を気にします。

親御さんは冷静に対応してください。




さあ、今日も算数で楽しみましょう!

Let's 算数!

一人でも多くのお子さんが
苦しい勉強から解放され
学ぶことの楽しさに
出会えますように…。

前へ!







受験算数で何かお困りのことはありませんか?
お気軽にご連絡ください。
きっとお力になれると思います。

家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
感謝いたします。
いつか、お会いできる日を楽しみにしています。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

とりあえず問題文を音読する

こんにちは、
新鮮太郎です。




家庭教師で
問題の説明をするときは、
とりあえず問題文を音読します。





あるとき、生徒さんに聞いてみました。




「どうして私が音読しているかわかる?」

「???」

「塾の先生は音読しない?」

「ああ、そういえば音読します」

「どうしてかねぇ?」

「何か気付かせるため?」





なかなか良い線いっています。

私の場合は、
問題の内容を正確に把握し、
確認するとともに、
それを生徒さんと共有するためです。

パッと問題文を見ただけだと、
その内容を自分の都合のいいように解釈し、
正解できないということがあります。

問題文を音読し、
それに意識を集中することで、
問題の内容を正確に
把握することができます。

「わからない」というお子さんに
問題文を音読してもらうと、
それだけで「わかった」となることも
あります。




テストでは問題文を音読することは
できませんが、
黙読することできます。

問題の内容を正確に把握できれば、
一気に正解に近づけます。

問題を読み間違えたりする
ミスがあるお子さんは、
慌てず問題をじっくり読むように
アドバイスしてみましょう。

問題文に印をつけながら
読んでみるのです。


問題の情報を整理する前提として
問題文に印をつけることは
大切です。




さあ、今日も算数で楽しみましょう!

Let's 算数!

一人でも多くのお子さんが
苦しい勉強から解放され
学ぶことの楽しさに
出会えますように…。

前へ!







受験算数で何かお困りのことはありませんか?
お気軽にご連絡ください。
きっとお力になれると思います。

家庭教師の生徒さんを募集中です。
中学受験・難関中学絶対合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
感謝いたします。
いつか、お会いできる日を楽しみにしています。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

新鮮太郎

Author:新鮮太郎
プロフェッショナル家庭教師にして中学受験進学塾講師

指導歴 30年以上

指導教科 中学受験算数

家庭教師
生徒さん募集中です。
知識、思考方法、勉強の仕方など、単純に点数を取るだけでなく、生きる力につながる指導をいたします。
短期、長期いずれの指導依頼もお受けいたします。
一緒に志望校合格を勝ち取りましょう。
リンク先にある「筑駒、開成、麻布、桜蔭など超難関中学合格講座|幸せな合格研究所」をご覧になり、お問い合わせください。
お問い合わせは、下記のメールフォーム、あるいは、私のメールアドレスのいずれにいただいても結構です。

よろしくお願い申し上げます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (574)
家庭教師をお探しの方へ (18)
はじめに (1)
お悩み相談クリニック (4)
幸せな合格とは (8)
学習方法 (322)
授業 (71)
過去問 (12)
入試問題 (4)
学習のポイント (62)
精神・行動 (178)
入試本番 (11)
指導例 (10)
塾と家庭教師 (6)
お礼 (6)
教材 (9)
健康 (11)
ちょっとブレイク (16)
本の紹介 (55)
問題 (4)
指導法 (15)
塾選び (1)
コミュニケーション (1)
サポート (884)
勉強方法 (547)
お知らせ (3)
日常生活 (17)
家庭教師 (32)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
366位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
57位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
中学校受験 ブログランキングへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん