5年生・相当算(割合の第3用法)~素直になって!

今日は相当算を勉強しました。
相当算のポイントは線分図です。
そう伝え(たつもりです)、例題の解説も丁寧に1つずつ線分図を描いて説明したのに、
子どもたちのノートには式と答えのみ。ひどい子になると答えのみ(合掌、チ~ン)。

「どうして線分図描かないの?」A君に注意しました。
別のB君は相変わらず式と答えだけだし、C君は答えだけ。
「お友達が注意されているの分かっているでしょ?じゃあ、あなたも気をつけなきゃ!
線分図は練習しなきゃ描けるようにならないんだよ。」
机間巡視で、1周して戻ってみても、まだ式と答えだけ…(なめとんのか?)。
「これだけ注意しても描かないのなら、もう線分図絶対描くなよ。
後で、困ることになるけど、それでも描くなよ!」
ちょっと強めに言ってみました。
別の子は、やるように指示した問題の番号だけ書いて、あとはノートの隅にお絵かきです。
「何やってるの?やる気なかったら帰りな。私の顔見てごらん。ほら、怒ってないでしょ。
怒ってないから大丈夫。だから、やらないんだったら帰りな。」
これでも、5年生の最上位クラスですから…。

授業の後半で、
家庭学習に任せておいたら、きっと分からないであろう問題を解かせてみました。
ヒントなしで解けた子はゼロでした(やっぱりね)。

ほらね、人の話は素直に聞くもんです。
少なくとも5年生で新しく習う単元については、先生の言うとおり解いた方がいいですよ。
オリジナル性を出すのは、型ができてから!
型ができていないのにオリジナル性を出そうとするのは、型なしです!




読んでいただいて、ありがとうございます。感謝しています。
お知り合いの方に、このブログをご紹介いただけませんか?

また、ランキングに参加しておりますので、
できましたらクリックして応援していただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【5年生・相当算(割合の第3用法)~素直になって!】

今日は相当算を勉強しました。相当算のポイントは線分図です。そう伝え(たつもりです)、例題の解説も丁寧に1つずつ線分図を描いて説明したのに、子どもたちのノートには式と答え

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:新鮮太郎
プロ家庭教師、
中学受験進学塾講師

指導歴 30年以上

指導教科 
算数(他教科についてはご相談ください)

家庭教師
生徒さんを募集中です。
知識、思考方法、勉強の仕方を指導いたします。
短期、長期いずれの指導依頼もお受けいたします。
一緒に志望校合格を勝ち取りましょう。
「家庭教師をお探しの方へ」をお読みのうえ、
下記のメールフォームよりお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。

お悩み相談クリニック開始しました。
メ―ルフォームよりご相談ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
70位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR