考えられる子

5×8と8×5は違います。

5×8は5が8つですが、8×5は8が5つです。

算数では交換法則が成立しますから、どちらも答えは同じになります。
そして、算数の問題は数学の先生が作り、
数学では数値の前後は気にしませんから、どちらも〇になるはずです。

でも、5kgのお米が8つあるとき、全部で何kgかを問われたら、
5×8=40じゃないとダメです。

学校だと、この辺りはうるさく言われることが多いようですが、
塾だと、これを指摘する先生はほとんどいません。

5×8は5kgが8つですが、8×5だと8つが5kgになってしまって訳が分かりません。
考えろと言いながら、8×5を〇にする神経が分かりません。
考えることができるようになれば、自然に5kg×8つという式が作れます。
問題文の意味が正確に読み取れれば、自然に式が作れるようになります。
余計なことを覚える必要はありません。

勿論、たて5cm、横8cmの長方形の面積は、5×8で求めても、8×5で求めてもOKです。
それは、長方形の面積がたての長さと横の長さの積で求められることの意味を考えれば明らかです。

お子さんには考えるってどういうことなのかを教えてあげてください。
言葉ではなかなか教えられません。
体感しないと使えるようにはなりません。
だから、指導には時間がかかります。


でも、学ぶことの楽しさを教えたければ
また、先につながる勉強をさせたいのであれば
さらに、圧倒的な合格を目指すのであれば
考えることができる子を目指しましょう。

自分で考えられる子って素敵だと思いませんか?



最後まで読んでいただきましてありがとうございます。感謝いたします。
家庭教師をお考えの方は、
よろしければ、リンク先にある「最高の家庭教師」もご覧ください。
きっとお役に立てると思います。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

チーム・ブライアン

最初はこちらでした。
電車の中の広告で見かけ、どうしても読みたくなって買ってしまいました。



ただ、この本を買うときに前編とも言うべき本があることに気づきました。
それがこちらです。



ブライアン・オーサーのコーチングは素晴らしいものです。
キム・ヨナ、ハビエル・フェルナンデス、そして羽生結弦、
3選手への寄り添い方を例に、
チーム・ブライアンのコーチングが語られています。

お子さんへのサポートにも参考になることばかりです。
絶対にお勧めです。



最後まで読んでいただきましてありがとうございます。感謝いたします。
家庭教師をお考えの方は、
よろしければ、リンク先にある「最高の家庭教師」もご覧ください。
きっとお役に立てると思います。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

反復学習の効用

過剰学習ってご存知ですか?

課題の遂行能力に向上がみられなくなったのち、
なおも訓練を行うことを言うそうです。
ちょっと難しい説明ですが、
要するに、身についたと思った後にさらに訓練を重ねることですね。

学習直後の記憶は不安定で固定されるまでに数時間を要します。
だから、学習直後に同内容の新たな別の学習をすると、
新たな記憶が上書きされ、前の記憶が失われてしまうそうです。
ところが、過剰学習をすると、
前の記憶は失われず、直後の学習が阻害されるのだそうです。
これが過固定と呼ばれる状態です。


米ブラウン大学の渡辺武郎教授は、
「学習直後の記憶は不安定で壊れやすいが、
繰り返し学習することで素早く固定される」
とおっしゃっています。

面倒だと思っても、
最後にもう一回だけやっておこう。

一見遠回りのようでも、この繰り返しが学習効率を高めるのかもしれません。

もう一点加えれば、
勉強を続ける場合は、
適宜、教科を変えるなどの工夫をした方が効果が上がるかもしれません。
今日は算数の日、国語の日などと決めずに、
毎日、4教科に触れることが大切です。


参考
過剰学習による学習の過固定および脳における興奮と抑制のバランスの変化
(ライフサイエンス新着論文レビュー)
「わかった」と思っても反復学習すると脳内定着に効果」(朝日新聞DIGITAL)



最後まで読んでいただきましてありがとうございます。感謝いたします。
家庭教師をお考えの方は、
よろしければ、リンク先にある「最高の家庭教師」もご覧ください。
きっとお役に立てると思います。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

理科、社会に逃げない!絶対逃げない!

算数や国語でなかなか得点できないと、
理科や社会でごまかそうとする子がいます。


確かに理科、社会は覚えればとりあえず得点できますから、お手軽です。

でも、こうして逃げ続けると、後で困ったことになります。


同じくらいの成績の子でも、その得点の内容はそれぞれです。
算数、国語を中心に得点している子もいれば、
理科、社会で得点している子もいます。

理科、社会は知識量による部分が大きいので、
算数、国語を中心に得点している子は、
6年生になって理科、社会の知識を増やしていけば、
理科、社会を追い上げることができるので、
どんどん点数を伸ばすことができます。


その一方で、理科、社会で得点している子は、
算数、国語は短期間で伸ばすことが難しいため、
算数、国語で得点していた子に差をつけられる一方です。



確かに、過去に指導した子の中には、
社会に絶対の自信を持っていて、
それが力になった子もいました。
1月のお試しでは、4教科均等配点の学校で、
算数は7割程度しかできなかったということでしたが、
社会は96点以上は得点できたということで特待生で合格しました。
(進学先は筑駒です。)

できないと言っても7割の得点です。

算数、国語でつけられた差を、
理科、社会で追い上げるというのは危険です。


理科、社会に期待する場合でも、
算数、国語でもぎりぎりでよいので
合格最低ラインをキープできることを目指しましょう。


算数、国語を諦めてはいけません!
逃げちゃダメです!




最後まで読んでいただきましてありがとうございます。感謝いたします。
家庭教師をお考えの方は、
よろしければ、リンク先にある「最高の家庭教師」もご覧ください。
きっとお役に立てると思います。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

5年生までの勉強は王道を進もう!

5年生以下のお子さんでも、思うように点数が出ないと、
お手軽に点数を求めるママもいるかもしれません。

大手塾のテキストに載っている問題をすべて身につければ、
どの学校にでも合格できるだけの実力をつけることは可能です。

勿論、過去問演習は必要ですが、知識としては十分です。

でも、これをお伝えすると、
「テキストの問題を全部覚えなければならないの?覚えればいいの?」
と質問されることが多くあります。

結論から言えば、覚えてもダメです。

覚えなければならないという意識で勉強すると、
記憶ばかりを追いかけてしまいます。
大事なのは理解です。

5年生以下のお子さんはまだ十分な時間があるのですから、
王道を行きましょう。


1問ずつきちんと理解し、
まちがえた問題、できなかった問題は解き直しをしましょう。
数をいじるだけでなく、イメージをしながら勉強しましょう。
せっかく勉強するのですから、先に続く勉強をしましょう。


十分な時間をかけて勉強してください。
当たり前のことですが、
楽をして成果を上げることはなかなか難しいですよ。

当たり前のことをしっかりと!



最後まで読んでいただきましてありがとうございます。感謝いたします。
家庭教師をお考えの方は、
よろしければ、リンク先にある「最高の家庭教師」もご覧ください。
きっとお役に立てると思います。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
プロフィール

Author:新鮮太郎
プロ家庭教師、
中学受験進学塾講師

指導歴 30年以上

指導教科 
算数(他教科についてはご相談ください)

家庭教師
生徒さんを募集中です。
知識、思考方法、勉強の仕方を指導いたします。
短期、長期いずれの指導依頼もお受けいたします。
一緒に志望校合格を勝ち取りましょう。
「家庭教師をお探しの方へ」をお読みのうえ、
下記のメールフォームよりお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。

お悩み相談クリニック開始しました。
メ―ルフォームよりご相談ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
70位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR