算数は問題を解く練習ばかりしていたってダメですよ!

1つの単元がどれだけ身についたかどうかを確認する方法として、
何も見ないで、その単元の内容をどれだけ挙げられるか試してみる方法があります。


お子さんは何も見ないでどれだけのことを挙げることができるでしょうか?
口頭で確かめるのでも良いのですが、書き出してみるとさらに良いですね。

書く形式は、項目別、問題のタイプ別でも構いません。
番号をつけて書き出していっても良いですし、
ツリー式でもいいでしょう。
マインドマップ形式でも構いませんよ。

ただ、思いつく順に書き出していくというのはお勧めできません。
思い出せないのが普通ですし、
そもそも、その思いつく順に書き出すということ自体が、良い習慣とは言えません。
場合の数の問題を解くときに数え落としをしてしまう原因にもなります。

付箋に書いていって、後で並べてみる方法なら良いかもしれませんね。
並べた後で、抜けや落としに気づけるからです。



例えば、規則性を勉強したとしましょう。

規則性と言えば、数列、図形と規則性の2つに分けられますよね。

数列は種類とその内容、問われる事柄など挙げられますか?
図形と規則性のベースは実は数列だということは分かっていますか?
問われる限界まで分かっていれば理想的ですね。


算数というと問題が解けるかどうかばかりに目が行ってしまいがちですが、
それだけだと、安定した得点は期待出ません。
解けない問題が出題されたらお終いだからです。

その単元で学ぶべきことは分かっているか確認してください。
公式は言えるだけではだめです。
公式の内容だけでなく、根拠も説明できるようにしてください。

公式を覚えるときは、関係するものを関連付けて記憶すること。
そうすれば、覚えるべきことはそんなに多くはなりません。
理科や社会で覚えるべきことは山のようにあります。
算数ではできるだけ覚えることは少なくしたいものです。
実際には、算数では覚えるべきことはそんなに多くはありませんよ。


問題を解く練習ばかりを繰り返す、そんな算数の勉強は今すぐ止めてくださいね。
算数の問題を解くこと自体を遊びと感じているお子さんは別ですけどね。




家庭教師の生徒さんを募集中です。
筑駒、開成、麻布、桜蔭など超難関中学合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。受験相談も承りますので、お気軽にお問い合わせください。
きっとお役に立てると思います。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。感謝いたします。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

勉強することで勘が働くようになっていっていますか?

「科学者にとって一番大切なのは経験と勘である」
と言ったのは、小松左京先生の『日本沈没』に出てくる田所博士です。
1973年の映画では、小林桂樹さんが演じられており、
私には強烈な印象として残っています。

小林桂樹さん、格好良かったですね。

写真は、渡老人(島田正吾さん)に、新聞紙を破り、繋げて、
ドイツの気象学者ヴェゲナーの大陸移動説を説明する田所博士です。
大陸移動説は科学的根拠がなく、発表当時、ヴェゲナーは笑い者にされましたが、
ヴェゲナーは、ヨーロッパとアフリカの西側と、北アメリカと南アメリカの東側の形状が似ていることから、
それに気づきました。
田所博士は、それを例に引き、科学者に大切なのは、経験と勘だと説明したのです。

watarirojin.png

o0480035911775109890.jpg

o0480035911775110102.jpg






勉強、特にテストで重要なのも、経験と勘です。

そして、経験と勘は連動しています。
経験を重ねるほど勘は鋭くなります。

でも、それは量をこなせばよいというわけではありません。

塾で担当しているお子さんの中には、
一生懸命やっているのになかなか成果を上げられない女の子もいます。
勿論、算数の偏差値だって50は超えているんですよ。
でも、彼女はもっと良い成績を取りたいと思っているし、
私ももっと良い成績をとらせてあげたいと思っています。

彼女は確実に量はこなしています。
宿題はきちんとやってきますし、理科と社会の偏差値は60以上をキープしています。
でも、算数の偏差値はやっと50を超える程度なのです(ちなみに国語も同じです)。

これはもう、勉強の仕方が間違っているからです。
明らかに覚えることに重点を置いた勉強です。

本当は、これを言ってしまっては終わりなんですが、
覚える勉強でもある程度の成果は得ることができます。
中学受験であれば、超難関校は無理でも、上位校なら何とか合格できます。

難関校は微妙ですね。
まあ、運が大きな要素になるかもしれません。

正しい勉強は理解する勉強です。
勉強が正しい方法ならば、次第に勘が働くようになります。
算数ならば、複数の解法がある問題で、どの方法を使ったらよいのか、
図形ならば、どこに補助線を引いたら良いのかなどが、
理屈でなく、直感でわかるようになります。

いくらテキストの問題を繰り返し練習しても、
公開模試や組み分けテストなどの実力テストでなかなか点数が取れないお子さんは、
勉強の仕方を疑ってください。


ただ、いくら「理解しなさい」「理解することを意識しなさい」と言ったって、
覚える勉強は理解する勉強には変わりません。

何がきっかけに変わるのか、どうやったら変えることができるのかも、
お子さんごとに違います。

プロに診てもらうか、あれこれ試してみるか、してみましょう。




家庭教師の生徒さんを募集中です。
筑駒、開成、麻布、桜蔭など超難関中学合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。受験相談も承りますので、お気軽にお問い合わせください。
きっとお役に立てると思います。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。感謝いたします。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ホームページ(HP)を公開しました。

こんにちは、新鮮太郎です。

やっとHPの公開にこぎつけました。

「筑駒、開成、麻布、桜蔭など超難関中学合格講座|幸せな合格研究所」
というタイトルをつけさせていただきましたが、
別に、超難関校に合格することだけが
「幸せな合格」であると考えているわけではありません。

具体的なデータがあるわけではありませんが、
高偏差値の学校であるほど、
ボーダーライン付近に多くの受験生が集まっており、
運が合否を分ける大きな要素になっているような気がします。
それを運ではなく、確実に合格していけるような実力をつけるお手伝いができたらと思います。

勿論、HPは一応、公開できる状態になったとは言っても、
まだまだ完成形からは程遠い状態です。
とりあえず最低限の情報だけはお伝えできるレベルです。
これから時間をかけてゆっくりとヴァージョンアップをしていきたいと思います。

気が向いたら一度覗いてください。
何かご意見など頂戴いただければ幸せです。
よろしくお願い申し上げます。




家庭教師の生徒さんを募集中です。
筑駒、開成、麻布、桜蔭など超難関中学合格講座|幸せな合格研究所
をご覧ください。受験相談も承りますので、お気軽にお問い合わせください。
きっとお役に立てると思います。


最後まで読んでいただきましてありがとうございます。感謝いたします。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

複数の解法を試してみよう!

算数が得意なお子さんは色々な解法に接することで、
刺激を与えた方が良いけれども、
算数が苦手なお子さんには1つの解法を徹底的にたたき込んだ方が良い、
というのが私が知る限り、多くの講師の意見だと思います。

最近は成績の良いお子さんの中にも1つの解法だけを使い続けるお子さんもいますね。
塾で1つの解法しか教えないのかもしれませんし、
自分の教えた解法以外の解法を許さない講師がいるのかもしれません。
(実際、トップ講師と言われる講師の中にそんな講師を見たこともあります。)

でも、1つの問題にも複数の解法があります。
例えば、速さの問題ならば、
状況図を描く方法もあれば、
ダイヤグラム(進行グラフ)を描く方法もあります。
面積図だって使うこともあります。
どれがいいかなんて解いてみないと分かりません。
一つの解法にこだわっているとなかなか正解に達することができないこともあります。

色々な解法を試してみることが大切です。
その方がそれぞれの解法に対する理解も深まります。


そもそも私たちは、
この問題の正解を得るためにはどうすればよいのかを教えているのであって、
〇〇算はこう解くんだっていうことを教えて、覚えさせているわけではありません。

その問題が何算かなんて関係ないんです。
私が講師の仕事を始めたばかりの頃、
「先生、これ、何算ですか?」
って質問したお子さんがいました。
私も何も考えずに「〇〇算だよ」なんて答えてしまいました。
すると、その子は「ああ、じゃあ、わかった」って正解に達しました。
でも、これじゃあダメなんです。


「問題の意味が分かりません」
っていう質問もダメです。
わからなかったら考えてください。


「あなたの頭は何のためについていますか?」
以前、わからないというお子さんに、こんな質問をしてやったことがあります。
「考えるためです」って答えるお子さんがほとんどですが、
たまに、
「重りです」とか「飾りです」とか答えるお子さんもいて笑ってしまいます。
そんな返事ができるくらい機転が利くのなら、
もうちょっと考えてみろっていうことです。


「うちの子、テキストの解答と違う解き方をしているんですが良いんですか?」
っていう質問をされるママもいます。
いいに決まってます。
お子さんが解きやすいと思った方法が、そのお子さんにとってベストな方法です。
解説なんかに囚われちゃダメです
同じような意味で、先生の解き方と違ったっていいんですよ。
お子さんの解き方の方が、お子さんにとって合理的な方法であればですけどね。


ただ、どんな解き方でも良いのですけど、
途中だけはちゃんと残す習慣はつけさせてくださいね。

これをしないと、どっちが合理的かの判断もできませんから…。



最後まで読んでいただきましてありがとうございます。感謝いたします。
家庭教師をお考えの方は、
よろしければ、リンク先にある「最高の家庭教師」もご覧ください。
きっとお役に立てると思います。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2時間のレッスンの実例

前回、応用問題を題材としたレッスンは、
2時間で4~5問が適正だとお話ししましたが、
今回は、過去の具体的な例を1つ。

A君の第1志望は開成、第2志望は筑駒でした。
1回のレッスンは2時間で、
9月からのレッスンは予定通り過去問演習でした。

毎回の宿題は開成の問題を1年分ずつ
問題と解答用紙を渡して時間を計ってやってもらいました。
レッスンは、まず宿題の採点と解説をした後、
筑駒の問題を目の前で時間を計ってやってもらい、
その後、それの採点、解説でした。
それでギリギリ2時間です。

筑駒(40分)の問題ですから目の前でやってもらえましたが、
開成や麻布(60分)だと目の前でやってもらうのは
なかなか難しいかもしれません。

ただ、このスケジュールは
優秀な彼だったから可能だったのかもしれません。
レッスンした内容は確実に復習して身につけて行ってくれましたから、
一通り説明したら、
あとはメンタルのサポートをすればよかったからです。

ちなみに彼は、両方とも合格しましたが、
結局、自宅から近い筑駒に進学しました。

9月からこんな風な勉強ができるように
8月までにしっかり基礎力を固めておきたいものです。



最後まで読んでいただきましてありがとうございます。感謝いたします。
家庭教師をお考えの方は、
よろしければ、リンク先にある「最高の家庭教師」もご覧ください。
きっとお役に立てると思います。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとくおきます。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
プロフィール

新鮮太郎

Author:新鮮太郎
プロ家庭教師、
中学受験進学塾講師

指導歴 30年以上

指導教科 
中学受験算数

家庭教師
生徒さんを募集中です。
知識、思考方法、勉強の仕方を指導いたします。
短期、長期いずれの指導依頼もお受けいたします。
一緒に志望校合格を勝ち取りましょう。
リンク先にある「筑駒、開成、麻布、桜蔭など超難関中学合格講座|幸せな合格研究所」をご覧になり、お問い合わせください。
お問い合わせは、下記のメールフォーム、あるいは、私のメールアドレスのいずれにいただいても結構です。
よろしくお願い申し上げます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
451位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
84位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR